挫折しない勉強のコツ、学生でも社会人でも地頭という幻想に騙されずに学び続けるために知ってほしいこと



学生は熾烈な受験戦争をして学歴というステイタスを追い求める。

日本が学歴社会かどうかはさておき、学歴は生涯ついてまわり一定の影響力を持ち続けるものだ。

学歴はともかく一流の社会人はみな勉強熱心だ。

本人は勉強しているつもりはなくても、仕事をする過程で様々な知識や経験を身につけている。

自らの専門知識を深めたり、時代の変化に合わせて新しい知識や価値観を学び続けることは社会を生きていくうえで不可欠だ。

終身雇用が崩壊した今、上司にゴマすりをして組織の中で上手く立ちまわれば、生涯安泰などという生ぬるい考えはもはや通用しない。

学び続けることで個人としてのスキルや人間力を向上させない社会人に待っているのは、悲惨な結末だろう。

勉強をして自己研鑽をしようとするすべての社会人や学生に抑えてほしい、挫折しない勉強のコツをまとめたものだ。

小手先のテクニックではなく、どんな勉強をする上でも共通の基本的な事項だ。

是非一読してほしい。

「地頭」という幻想、「頭がいい」の虚構


生まれつきもっているその人の頭の良さである「地頭」という言葉には、人の可能性を見限る負の側面があります。

「自分は頭が悪いから」「あの人は地頭がいい」など、人は幼少期からテストの点数や知識、発想力、会話の上手さなどで、他人と頭の良さを比較されます。

がんばって勉強したはずなのに成果が出なかったり、自分より努力しないように見える人が自分より成果を出していると、「あの人は生まれつき頭がいい」と思ってしまうものです。

また、お勉強は出来ても、会話が下手だったり、仕事が出来ないと、「あの人は勉強はできるけど、頭が悪い」などと思われてしまうことも多いでしょう。

さらに、特定の分野には一定の成果を残せても、苦手な分野に関しては人より劣っている場合には、「自分は○○の才能がない」と決めてかかってしまう人も少なくないようです。

人は、他人との優劣を競い、その優劣をすぐに生まれつきの才能に結びつける傾向があります。

しかし、人間の脳機能は、生まれた後、後天的に常に変化しています。

新しい知識や情報、思考力を訓練するたびに脳がアップグレードしていくはずですし、脳機能を向上させる技術も少しづつ発見されてきています。

実は幼いころから何気なく行ってきた習慣が、その人の能力に大きな影響を与えていることも少なくありません。

読書が好きな人、家で常にニュースが流れていた家庭環境、幼いころに計算問題を死ぬほど反復練習させられた経験…

様々な経験や習慣が、脳や身体に刻み込まれ、その人の得意不得意に影響を与えている事例は、枚挙に暇がありません。



挫折しない学習の7原則


学習の基本の反復継続は、簡単そうで難しい


何かを勉強する際に、必ずと言っていいほど耳にする言葉が「反復継続」です。

何か新しい知識や技能を習得するときに、一度で記憶・定着させることは難しく、繰り返し反復することが不可欠です。

何度も繰り返しているうちに記憶が定着し、理解も深まっていく経験は誰しもあるのではないでしょうか。

また、仕事や日常生活で、繰り返し行う動作や、繰り返し見聞きしたことは、自然と覚えてしまうものです。

同じことを何度も繰り返すという一見単純で簡単そうに思えますが、実は非常に根気のいる作業です。

人は、新鮮さや新たな刺激を求める生き物です。

何度も同じことをすることは、意外に苦痛であることも多いのです。

2回3回と繰り返しているうちに、飽きて投げ出してしまった経験をお持ちの方も少なくないでしょう。

それでは、挫折せずに同じことを繰り返し反復するにはどうすればいいでしょうか?

何かを反復して習得しようとするときは、あまり片意地張らず、自然体で無心に継続するようにすると上手くいきます。

ちょうど毎日歯を磨いたり、毎日お風呂に入ったりするように、日常生活の一環というくらいの意識で、半習慣的に反復すれば、挫折する可能性も少なくなるでしょう。

必死に覚えようとするのではなく、自然体で何度も繰り返していたら、自然に覚えてしまったというのが一番の理想です。



無理に暗記しようとしない


勉強には暗記が避けては通れない関門です。

しかし暗記することに必死になればなるほど、空回りばかりして学力が向上しない事態が発生してしまいます。

試験など結局は知識をしっかり記憶しているかや、解法を覚えているか勝負を分ける側面があり、暗記することに躍起になる気持ちはわかります。

暗記するために単語帳やノートをつくったり、語呂合わせで何とか覚えようと必死になる学生の姿は昔からよく目にする光景です。

しかし覚えよう覚えようと自分を追い込んでも、中々覚えられなくて気が滅入ってしまう人も多いです。

また、覚えようと思って作った単語帳やノートが、結局つくるだけで終わってしまい、全然内容を覚えていないなんて事態もよく起こります。

そして、強引に覚えた知識は、いざ試験で問題を解く際に、ほとんど役に立たないことすらあるのです。

多くの場合は、知識を運用して問題を解かなければならないにもかかわらず、知識を覚えることだけに必死になっていては得点力が伸びないのは当然です。

また、文脈と切り離して英単語の意味だけを強引に覚えても、全く英文が読めるようにならないといった事態も生じます。

つまり知識は、問題の中での運用を通じて体得したり、文脈や理論などの流れの中で自然に身につけなければ、実用性が乏しいのです。

また無理に覚えようとしなくても、文脈の中で繰り返し触れる単語の意味は自然に覚えるでしょうし、繰り返し問題を解く中で関連する知識は自然に体得されます。

勉強というのは不思議なことに、知識を断片的に暗記しようとすればするほど上手くいかなくなるモノなのです。





すぐに難しい応用問題に手を出さない


少し基本的なことがわかってくると、すぐに難しい課題や問題に手を出したり、

そもそも基本を抜きにして、いきなり応用的・実践的なことに挑戦しようとして、「自分にはムリ」と挫折する人を見かけます。

もちろんチャレンジ精神だったり、難しい課題に強引に食らいついていくという姿勢は素晴らしいことです。

強引に難題に立ち向かい、しぶとく食らいついて、成功を収めた人もいるでしょうから一概に否定しがたい側面もあります。

しかし、多くの場合は、基本的なことを疎かにして、いきなり難しい問題に臨むことは、挫折の原因になってしまいます。

基礎の土台がしっかりしていないのに、応用問題ばかり解いて、土台から崩れ落ちてしまう事例も少なくありません。

順序だてて基本から学んでいけば難しくないのに、いきなり実践的な課題に臨もうとしたばかりに、不要な苦手意識を持ってしまうこともよくあります。

確かに、実践的な課題を目の当たりにして、目指すべきゴールが明確になったり、

応用問題を解いて、基本の大切さを実感することもあります。

それでも、何事にも土台となる基本的な知識や理論なくしては、全てが上手くいかなくなってしまいます。

特に、苦手意識の強いことほど、しつこいくらいに基本の反復を徹底することが成功への近道でしょう。



視覚からの勉強に頼り過ぎない


勉強というと、本やテキストを読み込んだり、問題を解いたりという視覚に頼った学びのイメージが強いでしょう。

しかし、教育のICT化が進み、講義動画を視聴したり、アプリで問題を解いたり、また声に出して読んでみたりと、五感をフル活用する勉強が定着してきました。

本来、何かを学んだり習得したりする場合、活字を媒体とする視覚情報だけではなく、音声や映像、音読など、五感をフルに活用した方が効率的ですし、楽しいはずです。

英語学習では、英文を繰り返し音読することの有効性が昔から示されていました。

また、教師と生徒や生徒同士の対話を通じて、知識や思考力を向上させようというディスカッション型の講義も昔からあります。

近年では、良質な動画が世の中に溢れており、教室に通わなくても、低価格ないし無料で、質の高い講義を簡単に視聴出来るようになりました。

このような様々な角度から学習方法を多様化していくことは、学ぶことを苦痛と捉える風潮が変わっていく契機ともなるでしょう。



能動的な作業を行い、受け身の勉強に終始しない


ただ人の説明を受け身で聞いていたり、本やテキストを漫然と読んでいるだけでは、なかなか実力は向上しません。

自ら主体的に考え、情報と情報をつなぎ合わせ、メカニズムを理解しようと能動的に思考を巡らすことで知識も定着します。

一般的に、情報を受け身で取り入れる行為をインプット、能動的に考え知識や思考を引き出す行為をアウトプットと呼びます。

具体的に、インプットとアウトプットを比較しましょう。
インプットアウトプット
テキストをただ読む問題を解いて回答のパターンを叩きこむ
ただ英文を黙読する英文を何度も音読する
本や記事を読む自分で文章を書く
人の話や解説講義を聞く自分で話して解説する


特に勉強をする際に意識したいのが、積極的に「問題を解く」ということです。

問題を解くだけで、必然と回答のプロセスを考えて答えを導き出すというアウトプットを行うことになります。

中には、講義やテキストで知識を完璧にしてから問題を解こうとする人がいますが、完全に非効率な勉強です。

知識は、問題を解くことで記憶する方が、遥かに効率的ですし、実用的です。

漫然と難解なテキストを読んでいても中々、頭に入らないことも多いでしょう。

人間の脳は、問題意識をもって主体的に考えるほど、記憶が定着しやすくなるのです。

何度も問題を解き、繰り返し回答と解説を読むことで、思考力と知識が同時に深まっていくのです。



勉強という言葉への負のオーラを断ち切ること


勉強という言葉を聞くだけで、学校で面白くない先生の話を聞かされたり、テスト前に嫌々やりたくもない勉強を泣きそうになりながらやらされた経験が思い浮かぶ人も少なくないでしょう。

しかし何も、デスクに座って、ノートやテキストと格闘することだけが勉強ではありません。

運動しながらニュース番組を見たり、洗濯しながら英語の音声を聞き流したり、歩きながら講義音声を聞いたりすることだって勉強です。

もっと言えば、気になったことを検索して調べることだって立派な勉強なのです

我々は日常生活を送りながら常に多くのことを学んでいます。

さらに、この世には自分では勉強をしているつもりはなくても知らず知らずのうちに多くの知識や技能を身に着けている人もいるのが事実です。

何かを学んだり習得することは、なんでも勉強と言っていいでしょう。

逆に、机にかじりついてテキストを必死に読んだものの集中できずに、まったく頭に入らないなんて経験はないでしょうか。

勉強しなければならないという強迫観念にかられて、気乗りしないお勉強をしたものの全く身になっていないならば、もはや無駄に体力を消耗しているだけです。

勉強と聞くだけで負のイメージを抱く人は、そもそも勉強という言葉の捉え方が間違っているのではないでしょうか。

勉強というものを堅苦しく考えれば考えるほど、学ぶことの喜びや好奇心から遠ざかります。

大事なのは、「デスクに●●時間座って、●●の勉強をした」という体裁ではなく、実際に自分は何を習得し何を分かるようになったかという事実なのです。



焦りが出てきた時こそ目の前のことに集中すること


大学受験や難易度の高い資格試験など、膨大な範囲の知識などを身につけなければならない場合、勉強が進めば進むほど異常な「焦り」に見舞われることがあります。

やってもやってもゴールが見えずに、終わりの見えない戦いに思えることもあるでしょう。

試験までの残りの期間が限られてくればくるほど、「焦り」や「不安」で押しつぶされそうになってしまうでしょう。

このようなゴールの見えない暗闇を絶望の中で走っている気持ちになった場合には、とにかく目の前の一つ一つのことに集中するようにしましょう。

もちろん全体像を把握して、効率的な学習プランを立てることも重要ですが、全体像を見れば見るほど「焦り」と「不安」が増幅してくることもあります。

あまり先を考えすぎずに、目の前の課題とひたすら向き合っていると、いつかゴールが見える日がやってきます。

そして何より、試験当日まで完璧な状態にできる人など中々いませんし、完璧じゃなければ合格点が取れないわけでもありません。

重要なのは、特に試験直前などに思うようにいかない勉強への不安や焦りから、徒に勉強の手を広げたり、勉強自体を放棄したりしないことです。

勉強はメンタルとの戦いでもあります。

焦ったり、不安になったりする時こそ、「目の前のことに集中」するようにのがよいでしょう。



地頭を良くする4つの方法!実は生れつきじゃない地頭


高速音声の聞き取りで地頭力アップ


高速音声を繰り返す聞くことで、聴覚刺激が脳を活性化させることが知られています。

2倍速から4倍速の通常より早い音声を聴いて、内容を理解できるようになると目覚ましい変化が多く現れます。

文書を読むスピードが上がったり、

相手の話をよく理解できるようになったり、

集中力、判断力、記憶力が向上したり、

所謂世間で地頭がいいと言われる人の能力に近づくことが可能になります。

動画や講義音声、本を朗読したAudibleなどの音声は、簡単に倍速再生できますので、誰でも直ぐに実行可能な方法です。

現在では、youtubeや動画再生プレーヤーにもデフォルトとして倍速再生機能が備わており、日常的に倍速で聴くことが習慣になっている人もいるはずです。

人間は、大脳皮質に約140億個ある脳神経細胞のうちほんの数%しか活用できていないとされています。

残りの大部分の眠っている脳細胞を呼び起こし、人間の潜在能力を引き出すためには、高速音声による聴覚刺激が極めて有効なのです。

日常生活で見聞きするニュースや動画、講義音声を速度を上げて視聴することは、最も手軽にできる脳機能活性化の方法です。

「自分は頭が悪い」「どうすれば頭が良くなれるのか」そう悩んでいる人は、騙されたと思って、速聴を取り入れてみてはいかがでしょうか。





意外に軽視しがちな「音読」の驚異の効果


子供の頃に学校で教科書を音読させられたり、英文を声を出して音読したりした経験は誰にでもあるでしょう。

社会人になるとアナウンサーや司会進行などでもやらない限り、中々文章を声に出して音読する機会などない人が大多数です。

しかし、音読には脳を活性化する驚異的な効果があることが裏付けられています。

音読は、思考や創造を担う脳の最高中枢である前頭前野を活性化させ、記憶力や思考力を向上させるのです。

認知症の高齢者や健常者においても、音読によって脳機能が向上したことが各種の研究で確かめられています。

また、音読することで活舌がよくなり、コミュニケーション能力の向上も期待できます。

日々原稿を音読するアナウンサーの活舌は、大変よく、聞き取りやすい話し方をするはずです。

特に大人になると中々やる機会のない「音読」ですが、毎日10分程度でもいいので、ニュース記事や書物を音読することが、あなたの地頭力を向上させることになるでしょう。



「スマドラ」の摂取で人生が変わる


「スマートドラック」は、脳の機能向上に有効であるとされている医薬品やサプリメントの総称です。

「スマドラ」と言われているモノの中には、医師の処方が必要とされる薬や安全性が疑わしい薬もあるため、いいイメージを持たない人も多いでしょう。

しかし、自然由来の成分や栄養素の中で、脳の機能向上に有効だとされるものもサプリメントとして出回っているため、一般的に市販されているモノであれば、積極的に試す価値はあるでしょう。

「スマドラ」は、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンやセロトニン、ドーパミンなどの物質の生成を促進する役割が主だったものです。

脳の神経伝達物質の働きが、人間の思考力や記憶力に影響力を与えることから、それらの神経伝達物質の基となる物質を外部から取り入れることが有効なのです。



ホスファジルセリン


ホスファジルセリンは記憶力や認知機能の向上が期待できる物質です。

脳内でホスファチジルセリン(PS)は脳細胞膜のリン脂質中の約18%を占め、特に細胞質内側に存在しています。

ホスファチジルセリン(PS)は脳細胞膜に多く存在することから、脳機能に関連すると示唆され、過去様々な研究や臨床試験が行われてきました。

脳内で合成されたホスファチジルセリンは、神経伝達に関わるホルモンであるアセチルコリンの分泌を助けます。

神経伝達物質の分泌量が増加すると、脳の情報伝達がスムーズになるため記憶力や思考力が向上します。

一方、脳内からホスファチジルセリンが減少すると、脳の情報伝達が滞るようになります。

また、脳の情報伝達が阻害されると、認知機能や記憶力は低下します。

そのため、ホスファチジルセリンが減少すると、脳細胞が正常に働かなくなります。

ホスファチジルセリンは加齢に伴って減少するため、高齢者ほど記憶力や認知機能が低下しやすいです。

したがって、高齢者ほど認知症の発症リスクが高まります。

さらに、ホスファチジルセリンには、脳神経細胞の酸化を防ぐ作用もあります。

酸化を抑制することは、脳神経細胞の死滅を防ぐことにもつながるのです。

脳神経細胞の死滅を防ぐと、認知症の予防にも繋がります。

つまり、ホスファチジルセリンは認知症の改善効果だけでなく、認知症を予防する効果もあります。

ホスファチジルセリンは、主に脳膜の弾力性を保つ物質です。脳膜の柔軟性が保たれると、脳の血流が促進されます。

血行促進によって、脳細胞神経の隅々にまで酸素が届くため、認知機能の向上や維持が期待できます。

またホスファチジルセリンは、脳神経細胞を若返らせる効果もあります。

ゴツコラ(ツボクサ)


ゴツコラは神経や脳を活性化させるので、知性を高めて記憶力を強化し、老化や老衰を遅らせることができるアーユルヴェーダの中では最も大切な若返りのハーブです。

また血液を浄化する作用もあり、湿疹や疥癬だけでなく、ハンセン氏病などの慢性の皮膚病にも効果があります。

さらに、静脈瘤や慢性静脈不全が改善される事に注目した最近の欧米の研究では、ゴツコラに静脈不全による浮腫や皮膚の変化を正常に戻す働きがあることもわかっています。

ゴツコラの主な化学成分はトリテルペンのアシアチン酸とマデカシン酸、それらに由来するトリテルペンエステル配糖体のアシアチコシドとマデカッソシドである。新しい米薬局方モノグラフの分析には、6つのトリテルペンが含まれる。

近年行われたゴツコラの臨床研究は主にCVI、細小血管障害(糖尿病に併発することが多く、毛細血管の壁が厚く弱くなり、出血やタンパク質洩れ、血流の減速を引き起こす)、不安障害に対する効果に関するものである。

20世紀に実施された数々の研究は創傷治癒におけるゴツコラの有益性を示唆していたが、この領域での使用に関する最新の臨床研究は余りない。

高麗人参


高麗人参には脳の働きを活性化する効能があり、神経細胞の成長を促したり、脳内伝達物質のアセチルコリンを放出させ記憶力を高める効果が報告されていると言います。

アルツハイマー型認知症の原因とされている「アミロイドβ」という物質の分解促進を助けると言われていて、近年では認知症の予防効果に期待が集まっています。

脳の血流を良くしたり、ストレスや疲労の緩和効果もあって、それによっても脳は活性化します。

高麗人参には、ジンセノサイドと呼ばれる、特有の成分があります。

サポニンと呼ばれる物質の一種ですが、普通のサポニンがもっている毒性がジンセノサイドにはありません。

このジンセノサイドが身体の色々な部分の健康をサポートしてくれるのです。



あわせて読みたい

●「会社を辞めたい」人は必見!会社や仕事を辞める前にまず転職エージェントに登録するべき4つの理由
●高年齢者の再雇用と定年延長により、老害が大量発生する危機的状況
●専門性とは何か?専門的職も実は単純労働の集まり!AI時代も単純労働を侮るな
●社内政治必勝法!職場の人間関係で負けないために考えるべきこと
●新人に優しくしなさいの弊害、新社会人に意識してほしいポイント
●終身雇用の終焉( ゚Д゚)「ジョブ型雇用」で変動するビジネスパーソンとしての市場価値
●文系と理系という不毛なアイデンティティー
●IT社会における完璧主義や理想主義が、クリエイティブ業務にもたらす弊害
●簡単に会社を解雇される時代が到来するのか
●【会社員の特権を利用せよ】会社を辞める前にまず休職しよう!会社を休職したい人必見
●フリーランス必見!雇用契約と業務委託契約の違いを徹底解説
●「転職したい」人必見!リアルな口コミでオススメ転職エージェントを徹底比較
●【IT技術者のリアル】ITエンジニアになりたい!ITエンジニアのやりがいと苦労
●介護のお仕事のやりがいと苦労。介護職の真実をすべて明かします
●【保育士のやりがいと魅力!】保育士や幼稚園教諭の仕事の実情を徹底調査
●「こんな上司は苦手」!私が出会った嫌いな上司と、嫌な上司の特徴
●「【逆パワハラ】部下からのパワハラの実態を徹底調査!経験者が語る悲惨な逆パワハラ
●【出世したくない】出世する人と出世しない人!「出世欲」が強い人の特徴で考察!!あなたは出世したいですか?
●クラッシャー上司に追い込まれる部下たち。部下を潰すクラッシャー上司の実態
●【知らないと危険】事務職と事務系職種の微妙な違い!事務職の使い方間違ってない?
●「会社に行きたくない」と思ったら、まず考えてほしい重要なこと☆「仕事に行きたくない」社会人に贈る解決策

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*