リアルな口コミで徹底調査!転職エージェント「リクルートエージェント」の評判とサービス



株式会社リクルートの運営する転職エージェントサービスである「リクルートエージェント」

人材サービス業界の老舗にして知名度抜群の大手エージェントである。

様々な業界の求人情報を豊富に取りそろえる総合型の転職エージェントであり、迷ったらまず登録したい転職エージェントだ。



コンテンツ

2022年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


サービス残業に疲弊し駆け込んだリクルートエージェントで、有益なアドバイスを多く貰う

性別女性
年齢40歳
転職年齢40歳(2022年)
転職前の会社株式会社ジンズ
転職前の仕事小売業での販売、サービス業の店長
転職先の会社キューアンドエー株式会社
転職先の仕事コールセンター業務
転職活動地域宮城県仙台市
転職先の地域宮城県仙台市
       
年収推移
転職前年収約330万円
転職後年収約250万円
女性


店長として頑張ってきたが、人手不足により店長の負担が大きくなってきた。

頑張りと給料が見合わないと感じてきたのだ。

残業代はきちんと払われるが、残業が多いと上司や会社から色々言われ、なぜ残業が多いかなど改善策を考えて報告しなければいけないため、サービス残業をするようなってしまった。

人手不足により、店長としての業務ができなくなりモチベーションも下がってきてしまったのだ。

毎日ヘトヘトになって帰ってきて何の為に頑張っているのか分からなくなってきた。もっと自分を大切にしたいという気持ちが大きくなってきたのだろう。

体力的にも辛くなり、首肩の痛みが2年ほど前から出てきてしまい、仕事中も痛みと闘う毎日だった。

痛くても病気や整骨院にいけない…なぜなら人手不足だから。

1人休んだり早退するとお店が回らなくなるのが現状。

よく会社は人員を補助しないのか?会社に言って人を増やしてもらったらどうか?と言われるが、どこの店舗も人手不足で増やせない。

優先順位があり、なかなか自分の店舗は対象にならないのだ。病院にいくのも我慢しなければならない状況で、なかなか首肩も治らなく、体力的に限界を感じ退職を決めたのだ。

リクルートエージェントの求人数は具体的には分からないが多いと思う。

求人の質もよく、満足していました。

担当者の方もとてもいい方で、安心して就職活動ができた。分からない事などあれば聞いてくれるし、教えてくれる。

小まめに連絡を取り合い、15分程度の面談ができたのはとてもよかった。

私の良さを上手く引き出してくれているように感じました。


私の年齢と経験を踏まえたアドバイスや、はじめは応募の目安と通過の目安など教えていただけたのは嬉しかったし、今後の就職活動のイメージが湧きやすかったのだ。

書類の添削もとても上手で、もっとこうした方がいいなどアドバイスの仕方も抜群だった。

相手のいいところをアピールできる文言やアドバイスをする時のいい回しが素晴らしいと感じる。

相手が嫌な思いをせずに、気持ちよく受け取れるいい方でした。

面接対策は、今までの受けた方のヒアリングした内容をまとめた資料をいただく。

面接後にどんな内容だったかをヒアリングしてるので、そこで次に繋げているのだと思う。

書類選考や面接が落ちた時もしっかりフォローしてくれたお陰で落ち込まず頑張れた。

結果、リクルートエージェントで仕事を決めずリクナビネクストで決めました。

理由としてはリクルートエージェントは内容も良かったのですが、管理職としての仕事が多かった。

私自身新しい分野に進みたく、リクルートエージェントだと中々新しい分野での活動が進まなかった為、書類選考で落ちることがほとんどだったのだ。





職務経歴書等の書類作成が簡単で、求人数も多く担当者も親切だったリクルートエージェント

        
性別男性
年齢30歳
転職年齢30歳(2022年)
転職前の会社長田大介税理士事務所
転職前の仕事会計事務所職員
転職先の会社株式会社日総グループ本社
転職先の仕事給食委託サービス業の経理業
転職活動地域北海道
転職先の地域北海道
       
年収推移
転職前年収300万円
転職後年収300万円
男性
担当者の対応:★★★★
求人の質と量:★★★★★


会計事務所職員として働いていましたが、いじめに会い仕事も先輩や所長から与えてもらう事が無くなったため転職を決断。

具体的には先輩職員が顧問先から預かった領収書をもとにひたすら仕訳入力をする仕事です。

仕事を人に教えてもらえる環境ではなく、分からないところの質問がしづらいため結果として申告書の作成や経理処理で間違っているところがあると怒られる事が続きます。

また税理士である所長の女性職員と男性職員への態度や扱いが明確に違いました。

男性職員には間違いや失敗があったら厳しく、お気に入りの女性職員とは事務所でずっと雑談を2時間以上話しをしているのです。

失敗や間違いがあっても責めないなど男か女かで職員の扱いが決まってしまうことに違和感を感じます。

自分が申告書の作成を担当した顧問先の過去の担当者を見ると、毎年男性職員が入社しては退職していることが分かりました。

確信犯的に所長が男性を追い出しているのではないかとも感じたのです。

最終的には他の職員の前で露骨に怒られる、所長に無視をされるという扱いを受けます。

他の先輩から仕事を与えられるという事やサポートしてもらうという事が全く無くなり、これ以上はいることが出来ないと判断したので転職を決意します。

リクルートエージェントによる転職は初めてでしたが、利用自体は今回が初めてではなく転職活動をする時はとりあえず毎回登録していました。

職務経歴書やキャリアシートに関しては、HP上で自己PRや経歴、保有資格等を入力すれば自動でWordで作成してくれます。

他転職サイトでも書類を流用することが出来、とりあえず転職活動の際には登録しておいた方がいいエージェントに感じたのです。

また作成した書類の添削、面接対策やアドバイスに関しての書類も他社と違い豊富にあり大変助かりました。

パソナやアデコなどの転職エージェントとも一応やり取りをし登録をします。

東京や神奈川など関東圏と違い北海道での就職活動のため、求人数の少なさからやり取りはほとんどなくなりました。

やはりリクルートエージェントが求人の質や件数サポート対応では一番に感じたのです。

担当者との相性は正直な所転職希望者次第のため、他社よりも優れているといった断言は出来ないと思います。


それでもいくつか転職エージェントを利用して一番こまめにやり取りをしてくれたのはリクルートエージェントでした。

求人が多く応募も沢山できたのはリクルートエージェント。転職した結果も十分満足です。





2021年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


激務のストレスにより体調不良に。悩みや不安を真摯に受け止めてくれた

        
性別女性
年齢29歳
転職年齢29歳(2021年)
転職前の会社GMOインターネット株式会社
転職前の仕事コールセンター(カスタマーサポート)
転職先の会社株式会社NTT東日本
転職先の仕事営業事務
       
年収推移
転職前年収約250万円
転職後年収約240万円
女性


前職では光回線の契約業務をしており、派遣社員として働いていました。

派遣切りが激しい中で、職場に残ったメンバーへの負担が次々と増えていきます。

契約時に言われていたチーム以外の仕事と、3チーム分の仕事を少人数で担当することになってしまいます。

また時給は上がらないのにリーダー業務や、社員も分からない新サービスの問い合わせ対応を突然任されることもありました。

その結果やりがいも何もなくなり、不信感が募ってストレスも溜まり、ついには体調を崩してしまったのです。

社員さんも辞める方が続き、相談できる相手も見つからず、無理矢理出勤しては腹痛とたたかう日々でした。

また職場が遠く、満員電車的に疲れてしまったという経緯もあります。

職場に着く前に疲弊し、少しでも残業すれば帰宅時間が22時を過ぎることもざらでした。

自分の時間もとれず、うまくストレス発散することが出来なかったのです。

一人暮らしで金銭的に余裕もなくなるとともに、コロナ禍で外出が悪とされるなか、職場でもルールが決められていたため遊びにも行けず悪循環が続く日々。

私が辞めると決まった際も、先に辞める方が次々に出たので、無理もないなと感じています。

「リクルートエージェント」は対応が丁寧だったことと、前職であった悩みや不安を小馬鹿にすることなく、真摯に聴いてくださったことが一番印象的です。

会社によっては、「そんなことで」というように返されることもあったので、信頼することができました。

提案してもらった会社の業務内容の詳細は勿論のこと、職場環境や雰囲気についても、エージェントの皆さんの主観や勤務されている方からの声をもとに、親切に教えてくださいました。

業務内容が多かったり難しかったりすることも悩みの一因になり得ますが、やはり人間関係が一番大切です。

質問しやすい環境かということや、研修が最低限用意されているのかなどを細やかに提示してもらいました。

転職するにあたって、給料が増えることに越したことはないのですが、今度はより長く働けてしっかりと頑張りを評価してくれる企業を重視して探してくれます。


結果として収入は下がってしまいますが、自分が希望した点に少しでもマッチする企業を一緒に考えてくれ感謝しています。

ただ問い合わせから実際に話し合いに持ち込むまでに少し時間がかかりました。

有給を使っていたので焦ってはいませんでしたが、すぐにでも次の職場に勤めたいという方には不向きかなと感じます。





非公開求人情報も豊富で、専用アプリで求人や選考状況を一元管理できるのが魅力的

        
性別女性
年齢40歳
転職年齢40歳(2021年)
転職前の会社日機装株式会社
転職前の仕事営業本部
転職先の会社エドワーズライフサイエンス株式会社
転職先の仕事セールスアナリスト
       
年収推移
転職前年収約550万円
転職後年収約700万円
女性


前職では販促ディレクターとして、企画・デザイナーまですべて1人で行っていた。

しかし経費削減から販促効果まで実績をだしたのにも関わらず全く評価されなかったのだ。

クリエイターとして働くと情熱をもって仕事ができるが、上司の好みですべて変更になることもある。

どんなにいい作品を作っても、結局は上層部が好きか嫌いかの評価になってしまう。

そのギャップに耐えられなくなったことがきっかけだ。

外部の業者にデザインを依頼しても、価格相場がわかっておらず業者に強い態度で出られるところも嫌だった。

私が社内デザイナーとして所属しているので、基本は無料(人件費はかかるけど)という意識があるため、業者の見積もりに対しても高すぎるなど常識知らずなことを言い始めたりするのだ。

挙句の果てに、進めていたプロジェクトを急にやめて、それまでにかかっていた費用まで払わない姿勢を見せたことに我慢も限界を迎え、退職することを決意。

さらに上層部のパワハラがひどく、人事に訴えても揉み消されたてしまうのだ。

多くの人が辞めたことを人事がその上層部に話しても、「辞めた人はそもそもいらない人間だ。人事は口を出すな」といっていたのを見て、この会社の未来はないと思った。

「リクルートエージェント」では、ネットで出ていない非公開求人情報も豊富だ。

自分の好みに合わせた求人がたくさん紹介されるので、とても頼りになる。

また専用のアプリがあり、そこでスケジュール管理やメールの返信、応募履歴やステータスがチェックできるのも魅力的だ。

忙しいとメールを見逃してしまうことがあり、実際にアプリの通知で採用を逃すことなく応募できたのは助かった。

面接の希望スケジュールも、専用のシステムがあるので、希望日をいれるだけで相手とスケジュール合わせができ大変便利である。

履歴書や職務経歴書も、WEBで入力済みの情報を基に作れるため簡単に提出でき、修正もWEBからなのですぐ最新にすることができる。

担当者の方も、ちょっとした資格など見逃さず「そこを生かす仕事はどうですか?」と聞いてくれたのもよかった。

実際の会社の印象を細かく教えてくれたのも、応募してみようというきっかけになった。


ただ、途中で担当者が変わってしまったのでかなり不安だった。

転職後も「転職してよかったのか」と何度か後悔に似た感情に襲われて辛かったので、転職後のサポートもしてくれると嬉しい。





会社と業界の将来性を悲観。スキルを身に付けて成長できる環境で仕事をしたい

        
性別女性
年齢30歳
転職年齢30歳(2021年)
転職前の会社株式会社ビルボ
転職前の仕事企画・進行管理・コピーライター・校正
転職先の会社関西ビジネスインフォメーション株式会社
転職先の仕事プロモーション企画職
       
年収推移
転職前年収約380万円
転職後年収355万円
女性


前職では、全国のスーパーマーケットをクライアントとし、チラシ・パンフレット・店内販促物の制作を行っていました。

主に進行管理職と企画職を経験し、大手スーパーマーケットとの仕事も多かったので業務にはやりがいは感じていました。

それでもペーパーレス化の煽りを受けて、今後業界自体が厳しくなっていく雰囲気をひしひしと感じていたのです。

WEBやアプリに事業を広げない会社の方針にも不安がありました。

また残業が月60時間を超える状況であり、心身を壊して退職する社員をたくさん見てきたことから、加齢とともに働きづらくなる環境であることも明白でした。

加えて、会社に居続けても得られる・成長できるスキルがなく、頭打ちだと考えていたのです。

私が属していた課には役職がなかったので昇給も見込めず、労働時間と給与のバランスが取れていません。

「今の会社は楽しいけど、体力的に長く続けられないし、35歳・40歳になっていざ転職したくなった時に活かせるスキルもない…」という思いが次第に大きくなったのです。

そして「安心して長く働ける」「スキルを身に付けられる」仕事をしたいと転職を決心。

「リクルートエージェント」では、面接の日程調整と、内定前後の企業への質問や不安解消のサポートをしてくださいます。

履歴書・職務経歴書については、年号の訂正をいただいただけで「現状で良いと思う」と言われ、具体的なアドバイスを貰えず不安が残りました。

関西ビジネスインフォメーションの一次面接時、すでに他社(自己応募)で内定をいただいておりました。

4日後にそちらへ内定受理のお返事をしなければいけないと伝えたところ、本来の数週間にわたる面接スケジュールを変更し、4日間で最終面接まで進められるよう調整していただけたのです。

また、関西ビジネスインフォメーションから内定をいただく前後に、働き方や雇用形態に不安が残っていた点も多々相談させていただき、内容によっては企業に確認してくださったこともありました。

面接日程の調整は関西ビジネスインフォメーションからの希望だったそうですが、エージェントがこちらの予定を加味して無理のない日程を組んでくださり、他社の内定と比較して入社を決めることができたのです。


面接で企業に評価いただけたことや、内定受理を喜んでくださったことも教えていただき、安心につながりました。





口下手な説明でも、自分の意向や想いを丁寧に汲み取ってくれたことに感謝

        
性別女性
年齢24歳
転職年齢24歳(2021年)
転職前の会社高砂電気工業株式会社
転職前の仕事技能工
転職先の会社スタッフサービス・エンジニアリング
転職先の仕事エンジニア職
       
年収推移
転職前年収約350万円
転職後年収約300万円
女性


サブリーダーとしての業務過多が転職のきっかけです。

最初サブリーダーのお話を頂いた時は、社員とのコミュニケーションを中心に、スケジュール作成を行なって欲しいというお話でした。

しかし実際サブリーダーになってみると、スケジュール作成と並行して納期管理をしないといけなかったり、トラブルが起きた場合に他部署に掛け合って対応しないといけなかったり、メールの対応、講習やセミナーの受講など、どんどん業務が増えていきました。

そして、メインで作業してくれていた社員が退職してしまい、生産も自分が入らないと回らない状況になった結果、残業時間が増えたのです。

始業時間より1時間早く出勤して、大体3~4時間ほど残業し、ようやくその日の出荷をこなせる状態。

先輩や同僚に相談したのですが、「なんとかなるよ!」と形ばかりの励ましを貰うことが大半でした。

なんとかなっていない私が、能力的に劣っているのではないかとさえ思うようになり、精神的に自分を追い込んで泣きながら仕事をしていました。

その状態で仕事を続けた結果、体調を崩してしまうと考えて退職を決意。

「リクルートエージェント」の良かった点は、担当のエージェントがヒアリングまで行っていただけるということと、退職の際にとても親身になってくれたことの2点です。

一点目は、別の転職エージェント(マイナビエージェント)を利用しようとした際に、ヒアリングの方と担当の方が違うことがありました。

最初のヒアリングではこう伝えたのになあと、担当の方と話していて思ったことがあったので、最初から最後まで担当が変わらないのは、「リクルートエージェント」の良かった点です。

またヒアリングの際も、口下手な説明を「それはこういう意味ですか?」や「じゃあこういう案件が合っていますよ」という風に言い換えて確認していただきます。

この案件を選んだ場合の良いところ悪いところを丁寧に教えてくださいました。

また退職の際に、前職でお世話になった方に引き止められ、退職をするかしないか気持ちが揺らいでしまいます。

その際も「退職の話し合いが一番大変ですよ、みんなそうなのですと」とても親身に相談にのっていただけてありがたかったです。


特に不満に思ったことはないですが、エージェントは不定休なので日にちを把握してないと、いざという時に連絡が取れない可能性があります。

また、15時締切のメールが当日に届くことがあったので、やり取り中はドキドキしました。





2020年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


圧倒的な求人数で、積極的な転職活動。スピーディーな対応も高評価。

        
性別女性
年齢32歳
転職年齢31歳(2020年)
転職前の会社株式会社ネオコーポレーション
転職前の仕事ショップ店員
転職先の会社株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン
転職先の仕事事務
       
年収推移
転職前年収約300万円
転職後年収約300万円
女性


前職は携帯ショップで店長として働き、店頭に立っての接客のほか、新人の育成や店舗管理を行っていました。

長年勤めて上を目指し店長まで上り詰めましたが、会社の待遇はどんどん悪くなるばかりで、給与に大きな変化もなく、年度によっては年収が下がることも。

責任やノルマばかりが増えていき、それに見合った給与がもらえていないことに不満を感じるようになりました。

ノルマが達成できないときに上司から罵声を浴びせられるなど、パワハラを受けることもあったのです。

私以外の店長も、飲み会で許容量を越えたアルコールを無理やり飲まされたり、私生活について面白おかしく言いふらされてプライバシーを傷つけられたりするなど、見るに耐えない状況が続きました。

それでもなんとか続けていましたが、毎年入社してくる新人たちと私の給与がほぼ変わらないと知り、転職を決意。

同じ給与をもらうなら、もっと良い労働環境で尊敬できる上司のもとで働きながらスキルアップをしたいと思い、もともと興味があった人材育成・コンサルティングの仕事を探して応募しました。

在職中の転職活動では日中ずっと接客をしており、休憩時間もお客様のタイミングによって変わります。

そこでなかなか電話に出ることができない、と担当の方に伝えたところ、メールでの連絡を中心に変更してくれたのです。

ほかのエージェントさんは何度も電話をかけてくるので少し迷惑に感じていたのですが、こちらの負担にならないよう連絡をしてくれたリクルートエージェントさんがとても好印象でした。

その連絡も端的で無駄がなく、忙しい身にはありがたかったです。

レスポンスも早く、基本的に全てがスピーディーでした。

また、求人数もほかの転職エージェントと比べて圧倒的に多く、たくさんある中からじっくりと応募先を選ぶことができました。

やはり求人数が多いというのは大きな魅力です。

また、書類選考なしで応募できる求人も多数あり、どんどん面接にチャレンジしていくことができました。

面接や書類作成のフォローも的確で、安心して対策を練ることができました。

まさに働きながら転職活動をするには最適なエージェントさんです。

強いて言えば、私が応募できない求人も何件かオススメにピックアップされていることがあったので、もう少し精査された状態で提案してもらえたらよかったなと思います。





初めての業種への転職をする私に、転職のいろはを一から指導いただく

        
性別男性
年齢25歳
転職年齢24歳(2020年)
転職前の会社株式会社ニューフレアテクノロジー
転職前の仕事技術開発職
転職先の会社アドバンテック株式会社
転職先の仕事研究開発職
       
年収推移
転職前年収414万円
転職後年収312万円
男性


前職では、エピタキシャル成長装置の研究開発を行っていました。

エピタキシャル成長装置とは、半導体の基板であるウェーハ上にガスを吹き付け、ウェーハ表面上で化学反応を起こさせ、膜を生成させる装置のことです。

エピタキシャルを成長させた後、生成した膜の形状、欠陥の評価を行います。

私自身は学生時代、有機合成系の研究を行っていました。

そこで行っていた研究は検討に検討を重ねましたが、中々結果が出ず、やることが思いつかない状況が続きます。

教授にも相談したのですが、頑なにテーマを変えようとせず、同じことをやる日々が続いており、うつになりかけていました。

そのため、このような分野で仕事をしていくことはできそうにないと思い、半導体の分野で働くことに。

半導体の分野は、学生の時に勉強する人があまりおらず、新卒から学ぶ人が多いと聞いたからです。

しかし、就職してから半年後、「化学の知識を活かしたことでないと楽しくない」ということに気づきました。

そのため、キャリアチェンジには早期転職をするべきだと思い転職に至ったのです。

「リクルートエージェント」の良かった点は、キャリアチェンジは遅ければ遅いほど良くないということを教えてくれたところ。

私が疑問に思ったことに関して優しく丁寧に、正確に答えてくれます。

転職で使用する経歴書を書くのが初めてであったため、書き方を詳しく教えてもらいました。

また、急な連絡にも迅速に対応してくれます。

このエージェントを利用したのは初めてだったのですが、右も左もわからない私に対して、転職をするということはどういうことなのか、転職のメリット・デメリットについて詳しく教えてもらえることも。

面接前の事前打ち合わせの際、その会社がしてくる質問や特有の流れなどの対策について詳しい説明がありました。

面接後、フィードバックをもらえたので何が良くて何が悪かったのかを具体的に知ることができ、それを次の面接に活かすことができます。

面接で落ちた際に、自分が伝わっていなかったことをエージェントに言ったところ、それを面接官に伝えてくれ、もう一度打診してくれるようお願いしてくれました。

年収300万以上がいいと言ったとき、それぐらいならいけると思いますよと自信満々に言われたが、実際はそんなに多くありませんでした。





面接対策や応募書類の添削などが受けられる転職エージェントの利用価値は高い

        
性別男性
年齢30歳
転職年齢28歳(2020年)
転職前の会社京都大原記念病院
転職前の仕事理学療法士
転職先の会社株式会社一条工務店
転職先の仕事建設業の営業職
転職活動地域京都府
転職先の地域京都府
       
年収推移
転職前年収380万円
転職後年収320万円

男性


転職しようと思ったきっかけは結婚、出産と金銭的な負担が増えたことです。

転職前での仕事は昇給率が低く、管理者などにキャリアアップしても子供の養育費だけでなく自身の老後資金の確保が難しいと感じ、全く異なる営業職で転職することにしました。

なぜ営業職かというと固定給とインセンティブ制というキャリアデザインに惹かれたことと人と接することが好きだったためです。

前職と関係なく頑張った分まで給料が上がるというのが魅力でした。

当時は営業の中でも保険業の説明会に参加したりなどいろんな職種を勉強しました。

もちろん転職に対しては初めての体験であり、妻との相談もしながら半年間に悩みます。

転職する時期も子供がある程度大きくなったら、子育てが落ち着いてからなど親からの意見や転職自体をやめた方がい良いなど反対意見もありました。

そういった中で、自分自身がやりたいことはなんなのかということ考えます。

人生100年時代という長い年月もあり、若いうちにチャレンジすることで、たとえ失敗したとしても良い経験として学ぶことが出来ると思い転職活動に踏み切りました。

私が使用させて頂いた転職エージェントの求人数はかなり豊富でした。

はじめの面談で希望する年収や福利厚生、給与形態などすり合わせを行った後にそれに見合った求人を複数リストアップして下さり、様々な選択肢があったのです。

質に関しては正直、データー上であるため求める方が難しいでしょう。

ただエージェントの方は面接で良く聞かれる質問などを熟知しているため、面接対策として活用するのには素晴らしサービスです。

対応に関しても積極的であり面接練習として相手になってくれたり、応募書類の添削としても的確なアドバイスを下さりました。

面接日程の調整など細かな部分までして下さるので、本業や育児で忙しい方でも安心で面接・採用までフォローしてもらえます。


内定後のフォローは少し端的になるというか、あまり手厚いフォローは少ないです。

アンケートの協力や紹介など求められますが、全然断っても愛想の悪い対応はありませんでした。

その後の営業電話等もないので、面接・採用までの道のりを細かく、丁寧に誘導して下さるサービスとしては利用価値があるでしょう。





何年たっての新人と同じ給料、仕事の責任の増すばかり

        
性別女性
現年齢31歳
転職年齢30歳(2020年)
転職前の仕事携帯ショップ店員
転職先の仕事コンサルティング会社、アシスタント講師
       
年収推移
転職前年収約300万円
転職後年収約300万円

女性


転職前は携帯電話の販売を行っていました。

その仕事内容自体に不満は特になかったのですが、会社の体制に不満がありました。

何年働いても給料が上がらず、新卒で入社した社員が私と同じ年収です。

もちろん、業務の負担や責任は長く勤めている私の方が大きく、納得がいきません。

新人に高い給与を与えている分、会社としての売り上げを上げるために上層部のパワハラも強くなる一方で、そのパワハラを受けるのも私のような長く勤めている社員でした。

また、売り上げのためにお客様の希望を無視した汚い売り方の指示もされるようになります。

お客様のアフターサポートも私たちにとって大切な仕事であることから、お客様に寄り添わない接客を強いられる環境が辛かったです。

私たちの成績は売り上げだけではなくお客様からのアンケートからも評価されており、会社の方針に沿った接客をすると当然アンケート評価が下がります。

それでまた叱責をされることが苦しく、納得がいかず、このままこの会社で働き続けるのは自分にとっても良くないと思い転職を決意したのです。

リクルートエージェントはとにかく無駄がなく、スピーディーな対応がとても好印象でした。

他の転職エージェントは何度も着信を入れてくることが多かったのですが、リクルートエージェントの担当さんは必要最低限のメール連絡にとどめて下さり、働きながら転職活動をする身としてはとても助かりました。

電話連絡になる際も、シンプルにわかりやすく端的に話をしてくださったので、時間がない中でも転職活動をするのには最適なエージェントだと思います。

人によっては事務的すぎる、と感じる対応かもしれませんが、私は休みが少なく毎日残業でなかなか時間が取れなかったため、その無駄のない対応が心地よかったのです。


紹介求人数も他の転職エージェントと比べるとかなり多く、幅広い仕事の中から検討・応募することができました。

書類審査なしですぐに面接ができる求人なども多数あり、サクサクと転職活動ができました。

アプリやホームページなどのシステムも使いやすかったです。

求人数が多いのですが、紹介求人の中には自分が応募できない条件の求人も混じっていることが多かったため、そこをもう少し精査していただけたらもっと嬉しかったなと思います。





給料の上がりにくい理学療法士の仕事から建設業への転身を遂げる

        
性別男性
年齢30歳
転職年齢28歳(2020年)
転職前の会社京都大原記念病院
転職前の仕事理学療法士
転職先の会社株式会社一条工務店
転職先の仕事建設業の営業職
転職活動地域京都府
転職先の地域京都府
       
年収推移
転職前年収380万円
転職後年収320万円

男性


転職しようと思った時期は、自身が26歳で結婚・子供ができたタイミングである。

収入や家計管理を計算してみた結果、教育費や老後資金不足など未来の不安が非常に強くなったのだ。

前職は理学療法士という医療・福祉業界でリハビリを患者様に行う仕事でありやりがいはある。

ただ入社してから5年間経過して、基本給は上がらずにボーナスが少しずつ上がっていくような業種であった。

一般職からリーダー職に上がったり結婚や子供が出来たが、特別に手当てや基本給に見直しもなく不信感が高まった。

ネット上では全国共通して給料が上がりにくい業種であったため、福利厚生のよい別の職場も考えたが、全く別の仕事にチャレンジしてみたいという考えもあったのだ。

そこで固定+歩合性のある職種を調べた。

保険会社や建設業などの業種は、頑張った分だけ給料が上がりやすいという点でネットで検索。

いざ面接内容等調べているうちに全く異なる業種であるため、面接対策など不安があり転職エージェントを使っての対策ができることを知り、同時に転職エージェントの登録も行ったのだ。

求人数は多くあり、色んな面からの検討ができたと思う。


給料の違いや手当てなど福利厚生しかり、自分自身で比較検討できる点は素晴らしいと思った。

求人の質に関しては主に電話やりとりであったが、最初のヒアリングで希望を伝えた後に求人を複数送ってもらう。

その後基本的には求人を送って頂くのみで、リクルートエージェントからの意見や説明などは無かった。

そのため、今思えばもう少し踏み込んで業種のメリットとデメリットや個別性のあるアドバイスをして頂けたら有難かったと感じる。

求人から候補が選択された時点で面接の際の対策、質問事例、練習など親身に対応して下さった方だったのですごく安心した。

応募書類の添削に関しても重点的に何度も指摘を下さり、精度のある書類が完成されたと思う。

実際の面接の際は書類に関しては何事もなくスムーズであったため、異なる業種の転職などにはすごく有難いフォロー内容であった。

内定後のフォローは基本的には電話で報連相してくださり、メールでもやりとりをしていましたが、ちゃんと先鋒に伝わっているのかが個人的に不安だった。

そのため自身からの報連相を先鋒と行っていた。

フォローも差し支えなく行って頂いたので良かったと思う。





求人企業ごとに担当者が変わることがないリクルートエージェントで、転職を乗り切る

        
性別男性
年齢34歳
転職年齢32歳(2020年)
転職前の会社株式会社スズキ自販近畿
転職前の仕事自動車販売店の営業
転職先の会社京都日野自動車株式会社
転職先の仕事自動車販売店の営業事務
       
年収推移
転職前年収約500万円
転職後年収約360万円

男性


前職は個人客を中心に来店型の新車販売の営業をしていました。

10年間営業として従事し、新卒から退職まで同じ営業所で営業活動してきたのです。

永年営業所で勤務しているため、管理顧客は1巡~2巡するぐらい管理顧客からの代替で販売比率で営業をしてきました。

拠点の中でも新規来場率が著しく悪く、逆に管理顧客からの乗り換えで計画を乗り切るしかありません。

そのため毎月自転車操業が続き、そこに子育て世代がミニバンに流出、高齢者の免許返納など顧客が数が伸び悩んでいる状態でした。

車販では厳しい状況でも車検入庫率・メンテナンス入庫率・自動車保険の加入率をあげることで他拠点よりも管理顧客(囲い込み)が高い状態まで店全体で努力をしてきました。

会社は言葉では囲い込みと叫び、大型拠点は来場者数も多いため必然的に車販は上がり評価されるのに、売れていないだけで問題にされることに納得がいかなかったのです。

売れていない営業マンは、毎月本社に呼び出され役員の前で売れていない理由など責められることに嫌気をさして辞めました。

リクルートエージェントと他エージェントを利用しましたが、他業種の転職は未経験もあることやコロナ禍で世の中が不景気になる可能性があります。

同業種他社でこれまでの経験を活かせることが出来ないか検討していたところ、リクルートエージェントが同業種の職種が多かったため利用することが多くなりました。

1人1担当者のためマイナビエージェントと違い、検討企業ごとに担当者が変わることがないことが魅力的です。

コロナが流行する頃の転職活動のため、これまでの転職方法では乗り切ることが出来ないのではないかとの懸念もありました。

リクルートエージェント担当者にそのことを伝えると、担当者も同意見だったのです。

いかに短期決戦で乗り切るかが焦点になることから面接方法やエントリーシート(職務経歴書など)で選考が落ちないように添削指導もいただけるなど良かったと感じています。






リクルートエージェント担当者の熱意と手厚いサポートで見事に転職成功

        
性別男性
年齢38歳
転職年齢36歳(2020年)
転職前の会社大和プレス株式会社
転職前の仕事製造業の総務
転職先の会社小野株式会社
転職先の仕事生活雑貨販売職の店舗責任者
転職活動地域神奈川県
転職先の地域神奈川県
       
年収推移
転職前年収280万円
転職後年収420万円

男性


私が転職をしようと思った理由として2つあります。1つは給料が低く生活が困難な状況になったためです。

応募する時から年収を確認していましたが、残業で稼ぐことができれば問題ないと判断しました。

しかしコロナや働き方改革の影響を受けて残業をしない方向になり、残業がしたくても出来ない状況に陥ってしまったのです。

上司には残業の希望を伝えましたが、業績が芳しくないという理由で断れてしまいます。

私には家族がいるので、毎月赤字が続くと生活が成り立たないと判断し転職を決意しました。

2つ目は上司からのパワハラです。

もともと販売業で携わっていましたが、休日が取れにくく家族の時間が確保できなかったのでカレンダー通りで勤務できる事務業を探していました。

パソコン操作など基本的な操作はできていましたので、縁があって大和プレスへ入社することになります。

しかし総務の上司が残念な方でした。

例えば資料作成や指示された内容について出来が悪かったりすると「おまえには期待していない」「良い資料ができるとは思っていない」など人を見下す発言を毎日のように聞かされていたのです。

私だけではなくて、他の立場が下の方や仕事が出来ない方にもそのような発言をしていましたが、決していい気分ではありませんでした。

最初はあまり気にしなかったのですが、徐々に面倒くさい人だと思うようになり、このような上司の元で働くと精神的に参ると判断して転職をすることを決めたのです。

私はリクルートエージェントを利用して転職活動をしました。

その時の担当者は非常にすばらしく「この人なら信頼できる」と感じたのです。

ヒアリングでは、転職(退職)理由・どの業種で考えているか・強み・弱みを聞かれました。

大体どのエージェントでもそれぐらいするのですが、明らかに違ったのは本気度です。

まずヒアリングは面接官にどう伝えたら響くかを、担当者なりにまとめて私に伝えるためのツールでした。

求人数や質も希望職種にできる限り沿った内容でした。

職務経歴書や履歴書も職種や業種によって内容を変えた方が良いと、私が気づいていない所をアドバイスして下さいます。

面接対策では業種に合わせた質問を何パターンか想定して模擬面接を実施⇒フィードバックという流れを数回しました。

そのおかげで、面接当日緊張感が少し和らいで挑むことができたのです。

無事に内定を頂いた後のフォローもしっかり対応して下さったので助かりました。


年収の相談や入社日、他疑問に思っていることなど担当者を通して教えてくれます。

今回私は、担当者のアドバイスやフォローに大変助けられました。本当に良いエージェントだと思いますし、非常に優秀な方だと思っております。





面談時に履歴書と職務経歴書も改良してもらい、転職活動への自信に繋がる

        
性別男性
年齢41歳
転職年齢40歳(2020年)
転職前の会社株式会社ビーネックスパートナーズ
転職前の仕事印刷オペレーター/軽作業
転職先の会社就職活動中
転職先の仕事 
       
年収推移
転職前年収約220万円
転職後年収無職で就職活動中

男性


派遣スタッフやパートではなく、正社員として働くため転職を決意しました。

これまで印刷企業と物流企業で働きました。

印刷企業では、衣料品の値札の印刷を担当。

調色することはなく、印字濃度や印字位置を確認しながら印刷していました。

印刷開始時は調整をしながら印刷するため、納品できない値札が出てきます。

納品する値札と印刷ミスした値札の数量を計上する作業も行いました。

物流企業では、出荷作業を担当。

宛先を作成して貼付し、仕分けを行う作業です。

宛先作成では、まずデータ入力者が宛先を出力します。

宛先が印刷されている帳票を封筒型透明フィルムに入るように折り畳んで封入し、宛先シールを封筒型透明フィルムに貼付、端末で倉庫に出荷指示を送信します。

出荷された製品に宛先封筒を貼付し仕分けをしておくと、大手配送業者の場合はトラックに積み込んで持って行きます。

配送業者が中小企業の場合は、ワゴン車での受け取りになります。

配送先の一覧表を受け取り、仕分けしておいたものの中から探し出して渡します。

倉庫からコンテナで出荷されてきた場合は、仕分けしながらカゴ車に積み込み、カゴ車に積んだコンテナの個数を確認しトラックに積み込みます。

対面での面談ができる時期に直接話を聞いてみようと思い、「リクルートエージェント」に行って面談を実施。

面談の際に、企業情報の資料の提供だけではなく履歴書・職務経歴書の作成の仕方も教わりました。

そして、履歴書・職務経歴書を提出して改良してもらい、現在の履歴書・職務経歴書になっています。

応募できる求人情報をもらいましたが、精神的に不安定だったため積極的に応募はしませんでした。

業界を絞ることができず、応募した数社は書類選考通過できずという状態です。

精神的に不安定な状態だったため、かなり消極的な就職活動でした。

「リクルートエージェント」では、履歴書・職務経歴書を現代風に改良してもらえたことが良かったです。

大手・有名企業の転職エージェントに履歴書・職務経歴書を改良してもらえたことで、改良前よりも自信を持って面接に行くことができました。

また、求人情報を頻繁に送ってこなかったことも良い点でした。

応募する際は慎重になりますので、多くの情報を送ってこられても困るからです。

不満や改善すべき点は、特にありませんでした。

勤務地や勤務時間帯などの希望がありますので、今後も積極的に利用することはないでしょう。





会社情報だけではなく働き方の相談にも乗ってくれ、接客業の経験から営業職への転職を目指す

        
性別女性
年齢41歳
転職年齢40歳(2020年)
転職前の会社株式会社新昭和
転職前の仕事料飲部接客
転職先の会社大東建託株式会社
転職先の仕事営業職
       
年収推移
転職前年収約350万円
転職後年収約400万円

女性


転職をした大きな理由は、収入アップを目指したかったため。

前職では接客業をやっていたので、営業にもそれが生かせるのではないかと考え、転職しました。

また前職場の雰囲気があまり良くなく、特に一緒に働いていた調理部は数ヶ月でどんどん人が入れ替わる状況でした。

なんとか状況を変えて欲しいと打診したところ、上司や本社の人間もヒアリングはしに来てくれたもののコロナ禍が始まり、うやむやになってしまいました。

また子供がいるという理由で、アルバイトさんができるような接客部分しか任せてもらえず、毎日ルーティンをこなすだけで、やりがいを感じなくなってしまったのです。

ひとまず役職としては「アシスタントマネージャー」を任命されていましたので、自分なりに販促物を作ってみたり、SNSを始めてみたりと努力はしたつもりでしたが、ルーティン業務をこなしながらだとなかなか時間も取れず、中途半端な物しかできませんでした。

退職時の面談で上司も、「家庭のこともあるだろうから、あまり拘束して負荷をかけたくなかった」と話してくれたのです。

ですが、私からは「土日も働けるし、もっと色々挑戦してみたい」と話していたのに伝わっていなかったのだな、と改めて気づきました。

「リクルートエージェント」を選んだ理由は、紹介案件がとても多かったところ。

他社さんを使う前に決まってしまったので比較はしていませんが、毎日の様にメールで希望に合いそうな案件が届くので初めは驚きました。

転職サイトだと、自分で希望条件を登録し、詳しい話は面接や説明会に行かないとわからないのですが、担当者さんに聞けばすぐにわかるのも便利でした。

また、担当者さんの感じがとても良かったです。

途中で担当の方が変わりましたが、2人目の方もとても感じが良く、親身になって相談に乗ってくれました。

企業の詳しい話だけでなく、フレックスタイム制の事や(今までシフト勤務だったのでよくわからなかったのです)、働き方についても相談に乗ってくださいます。

もし担当者が合わない場合は交代もしてくださるとの事でしたが、特にそれは感じませんでした。

仕事をしながらの転職活動だったのでメールを主として行いましたが、電話連絡が必要な時はメールで電話可能な時間を前もって相談してくれたので、スムーズに連絡を取ることができたのも良かったです。

最初に面接を受けて採用されたのですが、もう少し他の企業も見てみたいと話したところ、「違約金のような物が発生するかもしれない、決まったのだからもう入社しないとダメです。」というような事を言われました。

それなら、面接前にもう少し説明してくれれば良かったのにと思います。





2019年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


転職活動のみならず、退職交渉に関するアドバイスも。具体的な助言でスムーズに転職

        
性別女性
年齢28歳
転職年齢25歳(2019年)
転職前の会社株式会社リファクトリィ
転職前の仕事販売職
転職先の会社株式会社ビジネス・パートナーズ
転職先の仕事コンサルタント
       
年収推移
転職前年収約280万円
転職後年収約350万円(現在は約500万円)

女性


前職では本店勤務のアパレル販売員としてスタート。

元々はプレス業務に興味があった。

入社後は店舗で販売スタッフからスタートと聞いており、本社への異動もあり得るとのことで入社。

入社してみると、店長は専務の言いなりでパワハラ気質、スタッフの休憩も十分に取れない環境。

1日15分休憩できれば良い方という日も多く、かなり劣悪であった。

販売スタッフの人手不足が否めず、突然次の日から出社しなくなる社員や派遣も多く異動どころか希望休も出せないような状況に。

そのうえで、かなりの薄給にもかかわらず社販で服を購入する必要があり生活も厳しくなる一方。

休みの日も、店長からの電話が頻繁にかかってくるためろくに休むこともできず、精神的にもきつい状況が続いた。

当初はプレスに興味があってアパレル業界に入社したが、これ以上販売をする理由もなくなった。

学歴があったため転職を周りからも勧められ、大学時代から興味があったコンサル業界への転職を決意。

退職交渉にはかなり苦戦し邪険に扱われたりしたものの、最終的にはなんとか退職することができ今に至る。

「リクルートエージェント」では女性の担当者だったため非常に話しやすかった。

初回の面談では自分の強みを教えてもらい、面接で活かすこともできた。

志望する企業の担当者に職務経歴書を見てもらい、「この企業だったらもう少しこういうことを具体的に書くと採用に繋がりやすいです」、などといった具体的なアドバイスをもらえたことは非常にありがたかった。

また退職交渉が難航していたときには、前職の休み時間等に電話をいただいた。

その時の状況を説明すると、退職交渉についてアドバイスして下さり、現職にスムーズに転職することができた。

転職先が決まった後でも、退職交渉が終わるまで最後までサポートしていただけると思っていなかったので非常に嬉しかった。

これまでで一番退職に苦労した方です、と労いの言葉もいただいたので、頑張ってよかった。

急なスケジュール変更等にも、担当者とアシスタントの方共に調整いただけた。

シフト制で定期的な休みがない中、1ヶ月程度で転職活動を終えられたのはお二人のおかげだと思う。

担当者に対しての不満は特になし。

オススメとして前職に関係のある企業や職種が出ることがあったので、興味がないものまで表示される点は少し不満だった。





求人企業との間に転職エージェントが入ることによる安心感や信頼感に心が救われる

        
性別女性
年齢32歳
転職年齢29歳(2019年)
転職前の会社コエダ企画
転職前の仕事建築設計業
転職先の会社株式会社朝日企画事務所
転職先の仕事製造業の事務
       
年収推移
転職前年収約230万円
転職後年収約450万円

女性


前職では一戸建て住宅の設計と建築確認申請の代行をしていました。

ちょうど東日本大震災からの復興需要もあり、とても忙しかったのです。

「仕事がある人はいいな」「家があるだけ幸せだと思え」など被災されたお客様からの心無い言葉や無理な納期のご要望、補助金申請の代行の強要…などに黙殺される日々。

仕事が深夜まで及ぶのは当たり前、たとえ血尿が出たりめまいで倒れたりしても仕事は休めない状況でした。

会社としてはもちろん休むのはOKだったのです。

それでも休息をしてもお客様から納期を急がせられたり、アポイント無しで会社に押しかけられたりするのは目に見えていたので体に鞭を打って仕事をしている状態でした。

書類を審査する役所のほうでも、仕事量が4倍になったと聞きましたし、外部機関に振り分けていた分もあるので単純に8~10倍の忙しさだったのではないでしょうか…。

今だから言えるのですが、運転している最中に意識を失い、赤信号に突っ込みそうになりまして、復興需要が落ち着いてきたころを見計らって、引っ越しもかねて転職を決意しました。

該当地域から物理的に離れて仕事を探さなければそのうち死ぬと思ったので…

私は退職してから就職活動を始めたのですが、今持っているスキルやこれまでの経験にかかわらず、いろいろな職種に転職できる可能性が生まれたのはとても大きなメリットでした。

転職エージェントは個人の性質にあわせて、日本中の求人情報からオススメなものを選択・提案してくれます。

次に働きたい業種が決まっていない人や、自分で仕事を探したり選んだりすることに疲れてしまった人にはとても最適でしょう。

生活のために仕事を探さなければいけないけれど、選択の基準を考えるところからもう気力が無い…というようなときにとても頼りになりました。

また求人をしている会社と求職者の間に人間が一人入ることによって、求人側の会社が実際の勤務体系や給与をエージェントの所属する会社に正確に伝えなければ、違反契約となってしまいます。

その時点である程度はブラック企業がシャットアウトされるので、転職エージェント越しの紹介は安心感もありました。






一度きりの人生。自分が輝ける職場を探して転職活動を行う。

        
性別男性
年齢38歳
転職年齢36歳(2019年)
転職前の会社サービス業
転職前の仕事営業
転職先の会社サービス業
転職先の仕事営業
       
年収推移
転職前年収約360万円
転職後年収約380万円

男性


リクルートエージェントは有名ですし、サイトを見ているうちに転職をしようという気持ちになったのがきっかけです。

サイトで良さそうな職場を見つけたのですが、やはり将来のことを考えると、今の職場よりもこちらの方がより輝き、うまくやっていくことができると思いました。

転職はその時の思いつきでやっていけはいけないことですし、慎重になるべきです。

転職をしたことで、かえって人生をダメにしてしまったというような人もいますので、注意が必要なのではないでしょうか。

「リクルートエージェント」の『職務経歴書エディター』は、流れに沿って入力していくだけでよく、リクルートエージェント登録者であれば、作ったものをダウンロードせず、そのまま提出することができるのでとても楽でした。

実際私はこれらでうまく転職できたので、やっておくといいです。

「リクルートエージェント」は評判の良い所でしたし、このような所でお願いしたいと思いました。

友人がこちらを使っていて、転職に成功したと言っていたので、「リクルートエージェント」を選ぶことに。

本来、転職等はしないほうがいいという意見があります。

つまり、働くうちにその会社の良い所がだんだん見えてくるというわけです。

ただ、そうは言っていられないということも中にはありますので、自分の一度きりの人生ですから、しっかりと考えておいたほうが良いのではないでしょうか。

「リクルートエージェント」は求人数が豊富なだけでなく、幅広い年齢やニーズを持った求職者に対応していました。

転職を考えるのであればまず登録したい1社であると言えるでしょう。

こちらを利用したい方は、公式サイトから登録をしておくと良いです。

特に不満に思ったことなどはありませんでした。

人気があり、ランキングサイトでも上位に来るサイトなので、良いところだったと思います。





過酷な労働環境とサービス残業で、ストレスが限界に。業界に精通するエージェントのおかげで、満足した転職活動。

        
性別男性
年齢40歳
転職年齢38歳(2019年)
転職前の会社レオパートナーズ
転職前の仕事営業
転職先の会社赤西不動産
転職先の仕事営業
       
年収推移
転職前年収約390万円
転職後年収約430万円

男性


前職ではサービス残業が多くノルマがあり、過酷な労働環境に嫌気がさしたため転職しようと決意。

1日の労働時間は平均15時間でしたが、国が定める労働基準法に違反しており、会社に対し長年不信感を抱いていました。

入社当時はサービス残業やノルマ等は無かったのですが、時代と共に土地や物件が売れなくなってきます。

業績が降下すると共に、サービス残業やノルマ制が定着してしまいました。

私は以前からこうした労働環境に不満を感じていましたが、会社を辞めて転職するにも簡単な事ではないと思っていたのです。

以前まではひたすら我慢しながら、生活のためと思い仕方なく会社の方針に従い勤めていました。

しかしどんなにサービス残業をしても残業代は微々たる金額ですし、ノルマが達成出来ないと、ペナルティという理由で給与から罰金を引かれるという待遇に、とうとう我慢の限界を超えてしまいます。

週6日、1日15時間も働いているのに経済的に何も変化は無く、それどころか疲労とストレスが原因で胃潰瘍になったり、十円ハゲができたりすることも。

また、食欲不振になり体重が1ヵ月で8キロも減少してしまい踏んだり蹴ったりでした。

以上の理由から転職を決意しました。

「リクルートエージェント」の良かったところは、希望職業・職種の求人が比較的多かった事と、求人やサポートの質が高い点。

希望した職業・職種の求人紹介数も、計7件と個人的には満足出来る数で非常に良かったです。

どの求人も福利厚生等の雇用条件、給与やボーナスや休日等の待遇条件も良く、本当にじっくり比較検討し選定出来たので、非常に充実した求人探しが行えました。

サポート面も、担当になったキャリアアドバイザーが不動産業界に関する知識が豊富で、些細な質問から悩み事に対しても常に的確なアドバイスをくれ本当に為になります。

面接のアポ取りや日程調整、面接で必要になる各書類の準備作成を手伝ってくれ、模擬面接も実施。

利用開始から終了までスムーズに転職活動が行えました。

面接希望した求人先には、私のこれまでのスキルやキャリアを最大限にアピールしてくれたので、最終的に希望した求人先へ転職する事が出来たのです。

本当に感謝と、利用して良かったという気持ちしかありません。

以上になりますが、総合的に見て質の高い転職エージェントサービスでした。

不満は一切ありません。

「リクルートエージェント」を利用して無事転職する事が出来たので、利用して本当に良かったです。





疲弊した業界から一旦離れ、精神的な安定を求めたい。多種多様な業界を紹介していただく。

        
性別男性
年齢29歳
転職年齢27歳(2019年)
転職前の会社日本レストランシステム株式会社
転職前の仕事店舗管
転職先の会社レールセキュリティ株式会社
転職先の仕事列車見張り員
       
年収推移
転職前年収約340万円
転職後年収約250万円

男性


前職では店舗の管理、運営、実際的な業務等、担当が多岐に渡っていました。

それに加えての長時間労働等、心身共に疲弊しており、その際にも上司からのパワハラ等が重なり、精神的に一旦仕事を離れないと辛くなる一方でしたので、転職を決意。

前職では実際に店舗に立ち、調理、アルバイトのシフト作成、アルバイトの育成、発注業務、備品の管理、飲食業務全般を任されていました。

その際も売り上げが低ければ、本社から直属の上司に伝えられ、改善点をともに考えなければなりません。

具体案を出してくれる訳でもなく、全てと言っていいほど現場任せであり、責任は現場の店長、社員、アルバイトにあり、現場は疲弊感でいっぱいでした。

そこで、転職サイトを利用して、身体をあまり動かさない仕事で、初心者であっても飛び込める業界に一旦身を置き、精神的な安定を求めたいという欲求が芽生え、警備業に転職を決めました。

警備業は飲食業ほど身体的にも精神的にも辛くはなく、また数字やノルマがないので、精神的に疲弊していた私にとっては、良い決断でした。

転職サイトで何を重視するかについては、人それぞれの考えがあると思います。

私の重要視した点は、エージェントの方と連絡を取りやすく、複数の求人について、こちらが提示・希望した条件に基づいて紹介してくれるということです。

「リクルートエージェント」はこちらの条件に沿った求人を一週間に一、二度ぐらいのペースで登録したメールアドレスに紹介してくれました。

業務内容や給与、その会社概要等をわかりやすく閲覧でき、気になる求人があればエージェントの方とすぐに連絡が取れるので、大変助かります。

また、求人内容だけではなく、気になる業界の基礎知識や今後の業界のおおよその推移、動向といったことまで教えてくださるので、私のような初めての転職や未経験の業界に興味がある方にとっても、大変助けられるところがありました。

すぐに連絡が取れない時でも、予約を行うことによって、私自身も無駄な待ち時間というものがなく、時間を有効に使えたのも良かった点です。

他の転職エージェントでも同じですが、やはり人によっては、真摯に相談をしてくれてないと感じる方がおられるので、そこは育成などして、改善に当たっていただきたいと感じました。





2018年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


残業が多いことから転職を決意。質の高い求人情報と親身なアドバイスでじっくりと転職活動。

        
性別男性
年齢26歳
転職年齢23歳(2018年)
転職前の会社大林ファシリティーズ株式会社
転職前の仕事建築施工管理職
転職先の会社株式会社トライスト
転職先の仕事施工管理職
       
年収推移
転職前年収約410万円
転職後年収約440万円

男性


転職経緯は、残業がとても多かったこと(月平均100時間前後)。

常に忙しく、上司にも余裕がなくほったらかしにされていた。

教育体制が整っておらず、昔気質の上司を見ながら自分で調べて仕事を覚えるという風潮。

また、パワハラ(怒鳴る・物を投げる等)がよく見受けられた。

残業代等もあまり出ず、休暇は週1日取得するのが難しかった。

日中は現場に出て現場の把握及び指示等を行い、日が暮れる頃からデスクワークが始まる為、とにかく退勤が遅くなってしまう状況。

工事現場にて現場監督として派遣された。

主な業務は、工事現場における適正な進行指示、品質と安全の確保、費用の管理調整など。

作業員と周辺環境の安全や、正当性に基づく品質・予算と工事内容の兼ね合いを考えながら、工期に向けてスケジュール通りに工事が進むよう多数の作業者(職人など)に指示を出す。

各業者と打ち合わせを行い、様々な書類(報告書・日報・作業指示書等)を作成。

予算に余裕がない現場はご時世的にあまりなかったが、監督みずから作業補助等をする事も良くあった。

「リクルートエージェント」からはこまめに連絡を頂き、ヒアリング、情報等の共有を行なった。

また、次の会社でどのような活躍ができるのか、前職のキャリアや経験の棚卸しにじっくりと時間をかけていただいた。

求人の質は他の転職エージェントよりも高いと感じた。

また、求人票に記されている採用企業の情報量が非常に多く、仕事内容のイメージをつかみやすい点も。

エントリー後、エントリーシートを添削してもらったが、個人的には、志望動機などに関して良くない点を正直にしっかりと指摘して貰えたのがありがたかった。

スタッフの方がとても親身で優しく、質問などを気軽にすることができた。

過去の面接質問例を頂いたり、実際に電話で練習に付き合ってくれたりと、よくしていただいた。

実際に面接が決まると、その会社の面接の傾向を事前に教えてくれ、その対応方法などもアドバイスしてくれた。

希望条件とマッチした求人を多数紹介していただき、質も良くじっくりと比較検討して選定する事が出来たので個人的には満足。

まれに上から目線で否定的な事が目立った。

求人以外のメール等が多く届くことがあり、結局あまり読まないので不要だった。





豊富な求人と充実したバックアップで希望通りの転職実現

   
性別男性
現年齢31歳
転職年齢28歳(2018年)
転職実績営業職から営業職へ転職

男性


転職に至った経緯は、前職の会社の給与が低かったことと、メーカーでの営業をしてみたかったことです。

前職では化学原料を取り扱う商社にて営業をしておりました。

TELアポからの飛び込み営業などの新規開拓を主に、既存顧客のフォローや提案営業に努めていたのです。

中小企業であった為に営業活動以外の業務(ISOやHP制作等)も多かったのですが、残業代は申請しづらい風土で、またそもそもの給与が低く先輩方もうちの会社は給与が低いと不満を漏らしている状況でした。

また27歳の時に結婚し子供が出来たことをきっかけに、収入アップを実現したいと考えました。

転職するに際しては現行給与よりも上がる企業であること、また次の会社では商社ではなくメーカーで自社製品の営業を行いたいと考えました。

商社での営業は何を取り扱っても良く自由である反面、これから先も商社での営業活動を続けることに漠然とした不安を感じていました。

商社不要論という言葉もある通り、今後も安定しているとは考えづらく、自分にとって成長も見込めず、メーカーへの転職を決めたのです。

リクルートエージェントでは申し込んでから直ぐに面談を設定してもらい、スムーズに転職活動へ移れました。

自分のキャリアの棚卸しから自己PR・履歴書の書き方などの面接対策も親身にしっかり行ってもらえました。

また求人の紹介も自分の希望を伝えるだけで、応募しきれない位、紹介してもらえ、気になる企業には片っ端からエントリーして、選考の日程が合えば選考を受けるという形で進められた。

選考が進むに連れて、応募企業の感度等のフィードバックや次回面接の際のアドバイスを面接の度に貰えて、次回面接に役立てることが出来ました。

面接の場では伝えられなかったことや気になる点の質問も、企業側に自分の代わりに対応してもらい、手厚いフォローを受けられたのです。

そして最終的に現在勤めている企業への就職を決めた際に、他に選考が進んでいた企業についてはリクルート側にて辞退の対応をしてもらえたので、そういう対応が苦手な人やどうしたら良いか分からない人にとってはありがたい対応だと感じました。


一方で対面で話したのは申し込み時の面談のみで、それ以降は顔を合わせることがなかったことについては不満を感じた点です。

初回以降のやり取りについては基本的には電話・メールのみで、また担当者の都合が悪い場合には代理の人が繋ぐこともあり、代理の人との連携が取れていないことからフラストレーションを感じることもありました。

担当者からの電話も長引くことが多く、仕事から家に帰宅途中の長電話が多かったことは苛立ちを感じました。

その電話も先方通信機器の不良?からか繋がりづらいことも多々あり、改善して欲しい点です。

また、当方の希望は叶った形にはなりましたが、先方も商売で人を転職させない限りはお金が発生しないいことから、当方の希望には即さない求人への応募を勧めたり、どうにかして転職させたいという強い意図を感じて、不快に思う部分もあります。

自分の要望は確りと伝えた上でその軸を崩さず、相手の言いなりにはならない様にお付き合いをして、転職活動に挑む必要性があると思います。





2017年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


リクルートエージェントの的確な後押しで、以前より興味のあった出版業界へキャリアアップ

        
性別女性
年齢30歳
転職年齢25歳(2017年)
転職前の会社日本出版販売株式会社
転職前の仕事経理財務
転職先の会社株式会社東洋経済新報社
転職先の仕事経理財務
       
年収推移
転職前年収約400万円
転職後年収約650万円

女性


転職をした理由は、新たな環境でスキルアップを狙いたかったため。

また関わる分野を広げて、様々なアプローチがしてみたかった。

前職では業務量に対し、年収があまり高くないことも不満だったのだ。

出版取次は斜陽と言われており、今後の幸先もあまり良くなさそうな所感があった。

また、当時の業務(当時の会社の内容経理財務業務)はある程度習得した実感もあり、新しい経験ができる場所を探していたのも理由の一つである。

配属で経理財務系の職種を希望していたわけではなかったので、他の職種にも挑戦したいという思いがあったのだ。

できれば若手として、いろいろなことを積極的にやらせてもらえる20代のうちに別の企業の仕事を経験したい気持ちがあった。

実際に転職をする1年ほど前、早めの段階から、求職情報を見ながら検討をしていた。

中でも、もともとあこがれのあった出版社での勤務には興味をもっており、職種もぴったりの条件の求人があったため、そのタイミングで転職するに至る。

年収自体の比較でもかなり好条件であり、面接や条件確認でも特に不満はなく、安心感を持つことができた。

出版取次、出版社という独特な文化についても理解してくださり、自身が希望していることを正確に組んでいただけたのだ。

また希望外のところでも提案していただき、私のキャリアアッププランに合ったものであったので、実際に選択することはなかったが、自身のキャリア形成について考えるとてもいい機会だった。

一人での転職活動では、こうならなかったと思う。

実際に企業に応募するのに際し、エントリーシートや志望動機、アピールポイントなども、かなり丁寧に一緒に考えていただける。

対応もフレキシブルで、時間の枠や幅などこちらに合わせていただき、働きながらの転職活動がとてもスムーズだった。

「リクルートエージェント」では様々な転職活動支援(セミナーや、研修など)を行っている。

すべてを押し売りするようなことはなく、「これは、興味があったら見てみてもいいかも。こっちはあなたには不要だと思います。」など、はっきり教えてくれとても信用できた。





候補の会社について、内部の雰囲気や仕事の進め方まで開示。転職時のミスマッチを回避

        
性別男性
年齢45歳
転職年齢30歳(2006年)、41歳(2017年)
転職前の会社日東工器株式会社
転職前の仕事開発職
転職先の会社株式会社ディムコ
転職先の仕事技術職
       
年収推移
転職前年収約850万円
転職後年収約700万円

男性


前職は常に業務が繁忙であり、もっと心にゆとりをもって仕事がしたいと考え転職を決意。

前職の終盤では、燃料電池関連の部品の設計開発業務を行っていました。

労働時間が連日過酷で、月80~100時間の残業時間があり、設計業務にも自由度と裁量が少ない状況。

パワハラやモラハラが横行する職場で人間関係も悪く、毎日のストレスが多大であり、転職を考え始めました。

特に決定的な理由となったのは、パワハラについて会社に告発するも棄却され、業務怠惰との評価を受け、海外転勤を言い渡されたことです。

仕事面では、裁量が無い反面、設計担当者の責任も重く、やり甲斐が感じられなかったため、もっとやり甲斐のある自由度の高い設計の仕事がしたいと考えました。

転職先候補としては、やはり設計業務を希望。

ただし部品設計といった孤立した個人商店のような形態ではなく、装置設計のような複数人チームで行う設計業務形態のメーカーを探していました。

エージェントを使用して自分の理想の会社が見つけることができ、転職することができました。

転職エージェントを利用して良かったところは、まず前職の不満を聞き出していただけた点です。

その上で、希望する業界や業種の紹介がありました。

業界については装置設計メインの希望をしましたが、概ね合致するような会社を定期的に紹介してもらいました。

また、自分が前職で人間関係に苦労した経験をふまえ、会社の内部の雰囲気や仕事の進め方の特徴などについても知りうる情報を開示いただき、自分の性格や希望に近づけるようなアドバイスをいただけました。

特に、紹介いただいた会社の中で気になった会社を告げたところ、ここはこういう仕事の進め方をする会社だと思うのであなたには合わないでしょう、と全ての会社を進めることはなく、率直な意見をいただけたところが大変有難かったです。

内定がいただけた後も何度か連絡を取りましたが、常に真摯に対応いただきました。

また、転職先の会社に自分のPRもしていただいたおかげで幹部候補として入社することができました。

特に不満というものはありませんが、会社の雰囲気や求められる人物像等、内部事情についてできるだけ詳しい情報をリサーチしていただけると企業とのミスマッチが減り、更に良いと思います。





2015年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


前職場で身体障がい者と触れ合う機会があり、理学療法士の資格を取ることを決意

        
性別男性
年齢30歳
転職年齢24歳(2015年)
転職前の会社株式会社ダイナム
転職前の仕事営業職
転職先の会社介護老人保健施設たらちね
転職先の仕事リハビリ職
       
年収推移
転職前年収約380万円
転職後年収約320万円

男性


前職ではパチンコ台を店舗に売ったり、設置提案をしたりする仕事をしておりました。

福利厚生は悪くなく、休日は十分ありましたし、残業もあまりありませんでした。

ですが、無資格で仕事をしていたので、代わりは誰でも務まると感じていました。

このことから、仕事の将来性に疑問を感じ始めたのです。

そこから自分のやりたいことやそれを活かせる資格を探し始め、リハビリ職を見つけました。

私がリハビリ職に就きたいと思った理由として、会社の環境が挙げられます。

前職の会社は身体に障害を持った方を雇用しており、その方を仕事上でフォローする機会がありました。

そんな中で私はその方と親交を深めていったのですが、どのようにフォローすればよいかわからない時もあったのです。

私はとても力不足を感じました。

このフォローを日々行うことによって、理学療法士の国家資格を取りたいという気持ちが高まっていきます。

そして、前職の会社に辞めることを伝え、理学療法士の養成校に通い始めました。

そこで覚えたことや実習での経験は、現職場で十分に活かせています。

改めてですが、現職場へ転職した理由としては、前職場の環境面が大きいと実感。

かなり多くの選択肢を提示してくれたのです。

その為、視野が狭くならずに様々な可能性を考えることができました。

企業側もお金を払って求人を出しているので、採用活動に熱心な企業が多かったように思います。

機能面では、自己分析など就職前に重要な作業をネット上で行うことが可能で、かなり便利でした。

就職準備の段階でここまで対策してくれるのはありがたいことです。

企業選びの面では転職エージェントがおり、自分が見落としていた企業や転職のアドバイスを随時してくれたこともあり、転職活動の不安を緩和してくれる役割を担ってくれていました。

その他のフォローとして面接、エントリーシート、筆記試験対策もありましたが、自分の知らない情報を無料もしくは安価で取得できることもあり、これらのお知らせメールには日々目を通すことが多かったように思います。

情報量の多いサイトのイメージも大きいですか、実際利用してみるとホームページは見易く、項目ごとにしっかりと整理されていたところも良かったです。

ただ、メールの量がかなり多く、重要なメールを見逃しそうになったことがありました。

要望になりますが、お知らせメールと企業側からのメールの区別をもう少しわかりやすくしてほしかったです。





労働基準監督署からの調査が入っても、長時間労働を誤魔化し改善しようとしない職場に嫌気

        
性別男性
年齢34歳
転職年齢31歳(2015年)
転職前の会社三光電業株式会社
転職前の仕事商社の営業職
転職先の会社東興商事株式会社
転職先の仕事商社の営業職
転職活動地域福岡県
転職先の地域福岡県
       
年収推移
転職前年収約440万円
転職後年収約360万円

男性


前職では主に工場内で使用される制御部品や消耗品を販売してました。

法人のルート営業では、日中は各工場を訪問(5-7社)し注文頂いた製品の納品や新製品の案内します。

日々使用されている製品に関して、競合他社より購入している物を当社より購入して頂く提案など商流変更案内を行っていたのです。

入社1年目は7時半頃に出社し、夜の10時から11時くらいまで働いてました。

初めての就職で初めての社会人だったので、今自分が見ている景色が世の中のデフォルトだと思ってました。

しかし2年目に入った頃、新入社員の親御さん?(はっきりと誰が連絡したかは不明)が労働基準監督署へ連絡をした様で、労働基準監督署が本社へ来ます。

その後勤務時間は特に変わりませんでしたが、「タイムカードは朝8時以降に機械を通す、夜は7時くらいに機械を通す」と言うルールだけが決定し、タイムカードの時間とは異なる勤務をしてました。

その頃から会社に不満を覚えたのです。

さらに翌年に再度、労働基準監督署が入りPCのログを取られる事になりました。

その後帰社時間は21時くらいになり早くなりましたが、出勤時間は変わらず7時半頃に出社しPCが使えないため、掃除などをして時間を潰していたのです。

この時に労働基準監督署が2回入っても長く働こうとする社風が自分には合っていないと思い、転職を決意します。

転職活動にあたりまずは一度、最寄りのリクルートエージェントへ訪問する必要がありました。

リクルートへ訪問し、担当者が付けられ面接を行います。

面接内容は、まずは担当者と転職理由と今後どんな企業に勤めたいかをザックリと話し、自己分析をし6角形のグラフが作成され、それを元にマッチングする企業を探して頂く流れでした。


自己分析ではリクルートからの質問を回答、何が得意?苦手?会社に求めること?転職理由?プライベートの大切さ?のような内容だったと思います。

企業はリクルートエージェントから紹介されるため、非常に少なく感じました。

2~4社紹介され紹介後に担当者から電話があり、企業の説明をして頂き興味があるか聞かれ、興味があればすぐに面接の段取りをしてくれます。

履歴書と職務経歴書を前もってリクルートエージェントへ提出しており、面接毎に準備する物は特になく、働きながら転職活動するには非常に便利でした。

必要であれば面接の練習もでき、4~5社面接しましたが3社内定を頂きます。

総合的に非常にいいサービスで担当者の対応も良かったです。但し、内定後のフォローといのは無かったと思います。





仕事とプライベートのメリハリをつけ、豊かな気持ちになれる環境を。転職エージェントと面談を重ねていく中で、自分の行きたい方向に道筋をつけることができた。

        
性別男性
年齢35歳
転職年齢29歳(2015年)
転職前の会社株式会社オプティマス
転職前の仕事営業職
転職先の会社株式会社ネットレックス
転職先の仕事営業職
       
年収推移
転職前年収約380万円
転職後年収約420万円

男性


前職がスタートアップ企業で、人数が少ないため業務のボリュームが多くなり、体力的にも精神的にも負担が重く、ライフワークバランスの取れる企業で働きたいと思ったことが一番の理由です。

前職では新規開拓営業が中心で、日中はテレアポや飛び込み営業などの営業活動、夕方以降は資料作成や事務処理などに追われる日々。

また、社内に業界について教えてくれるような経験豊富な先輩などがいませんでした。

壁にぶつかるたびに、自分の力で塗料の成分や塗布する下地の種類との相性など事細かく調べる必要があったため、必然的に残業が増え、睡眠不足や体調不良など悪循環が続いていました。

また新しい会社だったため、福利厚生面で他の会社に比べ不十分なところが多いことへの不満も。

そんな生活を続けているうちに、ここまで頑張る意味はあるのか、この仕事は自分が本当にやりたい仕事なのかと疑問を抱くようになりました。

自分の生活の中で何を大切にしたいのかということを整理した結果、仕事とプライベートのメリハリをつけて仕事以外で自分が豊かな気持ちになれる環境を作ろうと思い、転職を決意。

担当のエージェントの方と面談を重ねていく中で、自分の希望や自分に合いそうな業種、職種がクリアになっていく実感が持てたことで、転職先探しの方向性を明確にできたことが大きかったです。

また、一人で転職サイトを検索するよりも多様な提案があったり、自分では見つけられなかったような企業を提案していただいたり、選択肢の幅を持たせてくれた点が良かったと思います。

経験豊富なエージェントの方に、履歴書や職務経歴書などの添削をしていただいたことで、改善すべき点やどのようなところでアピールする方法が効果的かということも、面接対策として役に立てることができました。

転職に関して周りの友人や知人に相談しづらいことであっても、プロ目線で的確なアドバイスをもらえます。

また面接を受ける企業に対して、直接面接では聞きづらい金銭面や福利厚生など、条件面のことなどを代わりに聞いてくれたりしたので、入社前の不安が軽減されたことは非常に助かりました。

進捗に関して担当者からの確認が頻繁だったことで、気持ち的に焦ってしまったり、プレッシャーに感じてしまったりすることがあったのが不満な点です。





2014年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


他社との吸収合併により、労働条件が著しく悪化。転職エージェントの多様な機能をフル活用し、必死の転職活動

        
性別男性
年齢45歳
転職年齢38歳(2014年)
転職前の会社株式会社PSビバレッジ
転職前の仕事ルートセールス
転職先の会社ヤマト運輸株式会社
転職先の仕事デリバリー事業
       
年収推移
転職前年収約400万円
転職後年収約580万円

男性


他社との吸収合併により勤めていた会社が子会社扱いとなり、待遇面や給料面で著しく不利益を被ったので退社する事を決意しました。

前職の業務内容は、主に飲料メーカーの自動販売機の商品補充とメンテナンスです。

それぞれの担当エリア(自販機の数は350台ぐらい)の売上を上げる事と、クレーム対応(お釣りが出ない、商品が出ないといった機械の故障を修理)が仕事内容でした。

勤めていた会社は、給料面では月給だけでボーナスが全く支給されない状態。

月給も年々減っていき生活が苦しくなって困っていたところに、他社の吸収合併で給料面での条件があまりにも酷い内容で、生活していくのが困難な状態となり精神的にかなり追い込まれていました。

元同じ会社だった人の話ですが、社歴が25年の営業部長は地元の企業の人にかなりの影響力があり、大きな案件も沢山とってくる敏腕でしたが、合併直後に畑違いの部署に「平」で飛ばされ翌年退社したとのことです。

会社内部で何があったか知りませんが、明らかにおかしな人事異動が沢山見受けられました。

「リクルートエージェント」は、担当の人が親身になって相談に乗ってくれた事が良かったです。

カウンセリングで、自分自身のスキルアップについて話を聞いてもらえます。

リクナビサイトの募集している企業の数も比較的多く掲載されていて、他のサイトには掲載されていなかった企業も沢山あり色々と選ぶことができました。

求人の内容も細かく掲載されていて、会社の社風(雰囲気)も少しはわかる内容でした。

リクナビサイト特徴の1つに、3種類のオファーが受けられるサービスがあり、そのサービスを利用した方が良いと勧められました。

転職時の年齢が38歳と若くなく、転職可能な年齢ギリギリでしたのでやれる事はなんでもやろうと決意。

3種類全てのオファーを受けたい場合は、プロフィール作成時に職務経歴や自己PRまで埋める事が重要と言われたので、大変でしたが頑張って書きました。

私としては、精神的にかなり追い込まれていて、崖っぷちに立たされている状況でしたので、使えるサービスが多いリクナビにして良かったと思います。

あまり不満に思った事は無いのですが、ノルマ?かどうか分かりませんが、少ししつこい営業のように紹介された事もあったので、やめて欲しかったです。





2010年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


残業代、休日手当がない職場で精神的に辛くなり、転職を決意。「リクルートエージェント」は、大手だからか応募企業からのレスポンスの良さが目立った。

        
性別男性
年齢35歳
転職年齢24歳(2010年8月頃)
転職前の会社株式会社サンデー
転職前の仕事販売員
転職先の会社株式会社新生地質テクノ
転職先の仕事作業員
       
年収推移
転職前年収約230万円
転職後年収約360万円

男性


前職では販売に役立つような知識の習得はあったものの、自分の技術がレベルアップしていないと常々感じていました。

また、転勤が前提の職場であったにも関わらず、大学卒業後入社してから1度も転勤の機会に恵まれなかったことも不満でした。

主な仕事内容として、日常や季節商材の売場作成、パート社員のシフト管理、棚卸し管理、週間売り上げ報告並びに翌週売り上げ対策方針の作成、月間売り上げ報告並びに目標進捗管理、毎週末の本部売り上げ会議への参加がありました。

この他にも細々とした作業はありましたが、大項目でみればこのような業務になります。

実際に転職を決意した出来事は、課長の人事異動により後任としてやってきた方の方針についていけなくなったというものでした。

その方は365日24時間勤務を正社員に強要し、自分はしっかりと休むという考えだったのです。

まだ若かった私は、社会とはこういうものだと深く考えず勤務しておりましたが、さすがに残業代無し、休日手当無しに戸惑い、また、同僚から虚な目をしている、常に何かに怯えているようだと言われたこともあり、自分はどこかおかしくなっているのだと考え出したことで転職を決意しました。

「リクルートエージェント」は、エントリーシートの作成など他業者と比較して書きやすい、とっつきやすいと感じることはありませんでしたが、エントリーした企業からのレスポンスの良さは印象に残っています。

他の転職サイトも並行使用して転職活動を行いましたが、他の業者の場合は連絡もこない企業も何社か見られました。

また、個別スカウトの機能もよかった印象です。

実際にスカウトから転職が決まった訳ではありませんが、自分の持っている知識や技術をどのような企業であれば使えるのかも分からない状況の時に、逆にスカウトを頂けたことで、このような職種でも自分の知識は使えるのかと新たな発見ができたこともありました。

実際に、転職した企業はスカウトを頂いた企業の同業他社でした。

実のところ、求職者側の視点でいけば、エントリーした企業から返事を頂き、実際に面接まで予定が立てばあとはサイトのことなど忘れてしまうものです。

使用している企業は様々な報告などもあるかと思いますが。

不満はただ一点のみで、空求人のような状態の企業が多く見られたことです。

都市部では違うのかもしれませんが、地方だと反応がない企業の割合が高くなります。





将来性のある大手法律事務所へ転職し、年収も大幅にアップ

        
性別男性
年齢36歳
転職年齢25歳(2010年)
転職前の会社久留法律事務所
転職前の仕事事務
転職先の会社弁護士法人アディーレ法律事務所
転職先の仕事管理職
       
年収推移
転職前年収約300万円
転職後年収約500万円

男性


前職では主に弁護士の補助業務として、書類作成やデータ入力等、簡単な事務作業をメインに行っていました。

個人事務所であったため、昇給や昇格、賞与等は特に規定がなく、将来性はありません。

また、給与が低い上に残業が多く、残業代の支払いもなかったため、このまま続けても自身の成長にはならないと感じておりました。

そのため、前職での経験が生かせる、将来性のある大手法律事務所に転職することを決意。

数ある法律事務所の中でもアディーレ法律事務所は認知度も高く、面接の際に面接官の方の対応が良かったことからご縁もあり、転職させていただきました。

前職を今まで続けていた場合、ここまでの年収アップや責任ある仕事を経験することはなかったので、本当に転職してよかったです。

前職の職場の同僚については、不満はありませんでしたし、私が抜けることで負担をかけてしまったのは申し訳なく思います。

ですが長期的な目線で考えて、一時的な情に流されるよりも、自分の将来のためになる選択をすることは大事なことであると感じました。

私が利用した「リクルートエージェント」は、とても連絡がまめでした。

こちらが気になることや不安なことがあったときに連絡すると、反応も良くすぐに解決してくださいました。

「リクルートエージェント」を使うのは初めてでしたが、こんなに懇切丁寧に対応してくださるものだと感激でした。

また、大手だけあって多くの企業を紹介してくださいました。

転職するうえで、選択肢が多いことはありがたいことですし、多くの選択肢の中から次の職場を選べたため、今こうして10年近く勤めている業務に出会えたのです。

転職は人生の中でも重要な選択です。

その選択をするときに、「リクルートエージェント」のような多くの企業を紹介できかつ、手厚いサポートをしていただけるところと出会えて幸運でした。

残念ながらこの先転職することは無さそうですが、万が一、今後転職することがあれば、間違いなくリクナビさんを使わせていただくでしょう。

私の時は担当の方が一度変わりましたが、担当が代わっても対応は変わりませんでした。

改善すべきと思ったところは、転職後の連絡の多さです。

その後も転職を進めるようなメールが届いたのは残念でした。





エントリーシートや面接のイロハを丁寧に指導してくれ、想定よりも早く内定を獲得

        
性別男性
年齢40歳
転職年齢28歳(2010年)
転職前の会社株式会社創建学院
転職前の仕事学習塾講師
転職先の会社日振工発株式会社
転職先の仕事土木業作業員
       
年収推移
転職前年収約400万円
転職後年収約300万円

男性


講師職で小中高の子供に数学や理科を教えていました。

自身も学問が好きではありましたが、もともと先生になるつもりはありませんでした。

しかし就職活動の際に内定切りにあい、致し方なく講師になり、自身の経験を教えられると喜んでやっていたのです。

それでも塾というものの本質であったり、所属教室の教室長の教える方針が自身が取り組んできた勉強と大きく乖離している事に気づきはじめます。

初めのうちは方針に合わせて仕事に取り組んでいき、子供たちや親の方達から人気をとる事ができていました。

しかし期間が経つにつれ、合格させるだけの詰め込み授業が非常に疑問に感じ、苦痛になるようになります。

その中で高校三年生に教える機会があり、色々な相談を受ける中で「今できなくてもやり続ければ必ずできるようになる。本当にそれがしたいなら諦めずに続けなさい。」と語る自分に違和感を感じたのです。

自身がやりたかったモノ作りを放棄している事への卑屈感を思い出しました。

それにより今までの疑問と重なり、これ以上子供を教えるのは自分はふさわしくなく、自身のやりたい事にチャレンジするべきと転職を決意します。

リクルートエージェントでは非常に耳の痛い事をはっきり言われ、腹立たしいこともありましたが、自分で闇雲に探すよりは非常に効率的な活動になったと感じています。

条件面もよく調べてくれていたのと、自身の経歴は志望する職種と畑違いも甚だしい状態の中、多くの会社を紹介してくれました。

またエントリーシートの書き方や内容の添削を逐一行なってくれ、稚拙な文章をブラッシュアップしてくれたのです。

こういったことにより、最初に三十社は覚悟しましょうと言われていた面接の回数も十数社で内定が決まり、非常にありがたかった思いです。


この中で面接の練習も行い、受け答えの仕方、NGワードの指摘、自身では調べるには非常に時間がかかる内容を色々おしえてくれました。

また失敗した面接の復習や今後に向けての方策など打ち合わせる回数も多く、日々変化していったと感じています。

メールでのやり取りもあったため、時間が無い時にも楽にやりとりができました。





2008年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


丁寧なヒアリングとマメな連絡で、安心して転職活動ができた

        
性別女性
現年齢40歳
転職年齢27歳(2008年)
転職前の仕事WEBデザイナー
転職先の仕事広告代理店 制作
       
年収推移
転職前年収約320万円
転職後年収約370万円

女性


留学して英語力と別のスキルを身に着けた為、よりよい環境と仕事の幅を広げた場所に就職したいと思い転職。

転職前は就職したばかりで、経験と実績をまず積もうと必死に仕事についていきました。

それでも、もっとスキルを身に着けないと、先輩のようになれないと思い、いったん仕事を辞め、留学して英語力と2Dデザインの勉強をすることを決意。

帰国後、以前よりもスキルを学んだので、それが活かせる職場を探しました。

前職ではWEB関連のみの仕事だったのですが、転職後はWEB関連と紙媒体の仕事の両方を受け持つことができ、広告、雑誌の編集、ライティングスキルなど、自分のスキルアップにも繋がったのです。

数多くの就職サイトがある中、自分で転職先を見つけることもできたのですが、自分のもっているスキルに興味を持って下さる会社様とお付き合いをしたいと考え、エージェントを利用。

会社と個人のマッチングの点でいうとお互いが納得した形で就職することができ、会社に入ってからも自分の想像していた仕事ができ充実していました。

転職するにあたり、自分のスキルが十分に活用できること、年収アップ、さらにスキルを磨ける環境は必須だと思います。

リクルートエージェントでは、自分が希望する条件に関して多くの情報を提示していただけました。

私の希望する職種、業種など丁寧なヒアリングからはじまり、私自身を理解してくださり、丁寧な面談とサポートに感謝。

初めてエージェントを利用しての転職だったのですが、安心して転職活動ができました。

転職の際に外せなかったポイントは以前よりも年収がアップすること。WEBと紙媒体と両方の仕事をしたいという要望に合わせて広告代理店など、適切な会社を紹介してくれました。

また働く地域が違うことで、平均年収等の差があったものの、こちらの要望を理解して、できるだけ希望に近い条件で会社との交渉をしてくれます。

会社との面談まで、面談後のサポートもしっかりしていて、採用までの緊張する時間も安心して過ごせるように、こまめな連絡に感謝です。


これが普通の対応かどうかは分かりませんが、まめな対応をして下さることで、待ち時間も苦痛ではありませんでした。





2007年以前に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


大きな業務を経験するため、上場企業への転職を決意。時期にも恵まれ、順調な転職活動。

        
性別男性
年齢42歳
転職年齢28歳(2007年)
転職前の会社株式会社大冷
転職前の仕事経理
転職先の会社三菱レイヨン株式会社
転職先の仕事経理
       
年収推移
転職前年収約300万円
転職後年収約500万円

男性


元々経理という職種だったが、決まりきった仕事については数年で全業務を経験してしまっていたため、業務の幅を広げたいと思っていた。

基本的に中小企業ではIPO以外大きな業務を経験する可能性がないと思っていたこと、予定していたIPOも延期となってしまったため上場企業への転職を決意。

転職した時期はリーマンショック前且つ、就職氷河期が緩んだ時期でもあり、第二新卒含め経理人材の募集が上場企業でもとても多い時期だったということも理由の一つだ。

結果的にはその後にリーマンショックが来てしまったので最適な時期の転職となったが、これは結果論である。

転職を決意したものの、自分だけで転職活動をするほど時間的な余裕も知識もなかったため、転職エージェントを活用した。

転職エージェントを通じて色々な会社の話を聞き、面接を受ける中で、同じ仕事でも業界によって年収が大きく異なることを知り、業界を変えることに。

最終的に、平均年収が比較的高い化学メーカーへの転職を決意した。

とても誠意のある対応をしてくれたことも転職を決意したきっかけである。

いくつかの転職エージェントや転職サイトに登録したが、その中でも「リクルートエージェント」はとにかくレスポンスが早い。

結果的に一つのエージェントを使うことになるくらい、情報をたくさん提供してくれた。

自分の市場価値についても時間をかけてヒアリングしてくれ、その結果を丁寧にまとめて説明してくれたことがとても印象に残っている。

結果的に、市場価値を適正に判定してくれた。

自己分析支援だけでなく、相手先企業との交渉にも迅速かつ積極的に取り組んでくれたおかげで、このエージェントを通して受けた企業はすべて面接が通ってしまい、どの企業を選ぼうか悩んでそのことも相談することになった。

最後は転職先の同世代との面談をしてから最終決断をしたいというわがままを述べたが、それも何とか叶えてくれたのだ。

転職先の同世代の方と話をすることで、自分が担当する仕事についてよくイメージができ入社するきっかけとなった。

エージェントなので転職させたいという思いはあったかもしれない。

だが、焚きつけるわけでも焦らせるわけでもなく、着実に丁寧にしかも迅速に対応してくれたことは今でも感謝している。

大きな改善点でないが、頻度や量等、どの程度情報が提供されるのか事前に転職者に案内すると混乱は少し避けられるのでは。

とにかく提供される情報の提供量が多いため当初は戸惑った。





人生経験豊富な転職エージェントが、自分に欠けている点を指摘、気付かせてくれた。

        
性別男性
年齢50歳
転職年齢30歳(2001年)
転職前の会社株式会社明電舎
転職前の仕事研究開発
転職先の会社株式会社DENSO
転職先の仕事技術
       
年収推移
転職前年収約400万円
転職後年収約600万円

男性


会社の業績が大きく傾き、株価も大幅に下落して、大規模リストラが実施された。

社長が交代し生え抜きにかわったが、研究所で頻繁に見かけるようになり社外から仕事をとれる人ではないことを悟った。

もともと不況時に入社し、同期は優秀であったが、研究所にいた同期は次々に辞めていき、結果的には全員辞めてしまった。

倒産はないと思ったが、公共事業が収益の多くを占める会社で業績不振から赤字が続き、公共事業入札権利をなくさないようにするため(赤字が続くと入札権利がなくなるらしい)、背に腹変えられず土地や寮など売れるものを売りまくっていた。

目先の行動しかせず、将来性を感じられる言動が経営側からは全く感じられなかったため、転職を決意した。

また、当時担当していた業務が大学時代の恩師と関わる内容で、研究としてはいいのかもしれないが、コスト面で将来性は全く望めないと実感していた。

再三上司には提案したが返答はあいまいだったため、何だか時間をつぶしているように感じた。

年齢的にも30歳という区切りだったので、転職するには今しかないと思い行動。

「リクルートエージェント」では、押し付けではなくこちらの意図を汲んだうえで助言をしてくれた。

私もまだ若かったので、今思えば、自分の意見主張ばかりを伝えてきたように思うが、ベテランの人生経験豊富な方だったからか、自分に欠けていることを遠回しに気付かせるように言ってくれていたようだ。

エージェント自身の良さというよりシステムの良さになるのだろうが、気兼ねなく自由に閲覧できるスペースと時間を比較的自由に使えたのは、当時としてはよかったと思う。

今と違い、ネットの普及がほどほどで限定情報はネット経由で自由にみられる時代ではなかったので、足を運べば、こちらの好きな時に好きなように調べられる環境、それに事前予約することで自由に相談できる環境は贅沢だった。

その後他県で転職を考えてリクルーターにあったこともあるが、そこまでのサービスはなかった。

東京にいたからこそ自由に情報収集できたのかもしれないが、今となってはネットで限定情報も閲覧できるので当時と状況が違うと言われればそれまでであるが・・・。

正直結構前の話なので、不満をそこまで覚えていない。

あえて言うなら、面接の予約は埋まっていたりして日程調整がちょっと面倒だったことだ。





あわせて読みたい

●リアルな口コミで徹底調査!転職エージェント「リクルートエージェント」の評判とサービス
●「会社を辞めたい」人は必見!会社や仕事を辞める前にまず転職エージェントに登録するべき4つの理由
●【東京都で転職活動】リアルな口コミで徹底調査!転職エージェント「リクルートエージェント」の評判とサービス
●【大阪府で転職活動】リアルな口コミで徹底調査!転職エージェント「リクルートエージェント」の評判とサービス
●【口コミと評判】転職エージェント「リクルートエージェント」で、ITエンジニアとして転職を果たした人々
●「転職したい」人必見!リアルな口コミでオススメ転職エージェントを徹底比較
●「転職サイト」どれがいい?リアルな口コミでオススメ「転職サイト」を徹底比較
●転職エージェント「パソナキャリア」の口コミで徹底調査!「パソナキャリア」の評判
●転職エージェント「doda」の口コミで徹底調査!doda(デューダ)の評判とサービス
●転職エージェント「マイナビエージェント」の口コミで徹底調査!「マイナビAGENT」の評判
●「会社に行きたくない」と思ったら、まず考えてほしい重要なこと☆「仕事に行きたくない」社会人に贈る解決策
●会社を辞める前にまず休職しよう。会社を休職したい人必見
●リアルな口コミで検証、ITエンジニアのやりがいと苦労
●介護のお仕事のやりがいと苦労。いつかはお世話になる介護職の実態を大暴露
●新人に優しくしなさいの弊害、新社会人に意識してほしいポイント
●「こんな上司は苦手」!私が出会った嫌いな上司と、嫌な上司の特徴

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*