【東京都で転職活動】リアルな口コミで徹底調査!転職エージェント「リクルートエージェント」の評判とサービス



株式会社リクルートの運営する転職エージェントサービスである「リクルートエージェント」

人材サービス業界の老舗にして知名度抜群の大手エージェントである。

様々な業界の求人情報を豊富に取りそろえる総合型の転職エージェントであり、迷ったらまず登録したい転職エージェントだ。

ここでは日本の首都である経済活動中心である東京都で「リクルートエージェント」を利用し転職活動をした人々の口コミを披露しよう。

数々の企業が密集する東京都で自らの未来を切り開く素晴らしい転職を実現してほしい。



2022年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


転職してゼロから人生をやり直したい想いに、真摯に向き合ってくれたリクルートエージェント

        
性別男性
年齢26歳
転職年齢26歳(2022年)
転職前の会社株式会社aprecio
転職前の仕事接骨院で柔道整復師
転職先の会社アマゾンジャパン合同会社
転職先の仕事インターネットの小売、物流業
転職活動地域東京都
転職先の地域東京都
       
年収推移
転職前年収370万円
転職後年収450万円

男性


接骨院で柔道整復師として施術を中心に患者様の治療をしていた。

転職理由としてはワークライフバランスの改善が一番の目的で、給料が少なく休みも少ない事を改善したかったからだ。

給料が多く休みが少ない、もしくは給料は少ないけど休みは多い、のどちらかであれば納得できるがどちらでもなかった。

ましてや将来性もなく昇進昇給の見込みはまったくない会社だったので辞めたかったのである。

また業種自体平均年収が低く、転職するなら別の業種にしようと決めていた。

接骨院で働いているとは他人に言いたくないくらい、こんな仕事をしていていいのかと劣等感を抱いていたのだ。人生をやり直す意味で転職したかった。

転職活動では休みを重視し、今は1週間で4勤3休の1日10時間週40時間勤務で、年間休日は169日と非常に多くかなり満足している。

そして何よりアマゾンというとてつもなく大企業でネームバリューもあり自信を持って働けているのだ。

年収も50万円以上増え非常に満足。

日々の業務は勤務地の倉庫で、日々の商品を問題なく時間通りに出荷できるように人を動かして数字とオペレーションを管理している。


リクルートエージェントは求人の数はかなり多いだろう。

大企業からそうでない企業まで営業職など、一般的な仕事であればたくさん紹介してもらえると思う。

自分は専門職での経験のみだったので、希望の仕事を話しても向こうも結局は仕事で紹介しているので件数を多く紹介できる職種を紹介してくる。

未経験の人間のキャリアをゼロから一緒に考えて、推薦しようという感じは全くなかった。

書類の添削や面接対策は、利用していないのでわからないが提案はされた。

添削してもらうほどの内容や社会経験はなかったので自分で書く内容で十分だと感じたのだ。

面接についても5社ほどしか受けていないので、何十社受けても受からなければ考えようと思っていた。基本的には面接対策は電話だったと思う。

記憶のうちではオンラインでの面接対策は行っていないと言っていた。

内定後のフォローはとても良かった印象だ。

希望と違う勤務地を内定先から指定されたが、リクルートエージェントの担当の方が交渉してくれて元通りの希望の勤務先で転職できた。





前職の経営方針に対する問題点が改善せず、新たな活躍の場を探して転職活動

        
性別男性
年齢34歳
転職年齢33歳(2022年)
転職前の会社株式会社LIFULL
転職前の仕事不動産情報サービス業のマネージャー
転職先の会社株式会社リクルート
転職先の仕事営業職
転職活動地域東京都
転職先の地域東京都
       
年収推移
転職前年収640万円
転職後年収560万円

男性


前職では、住宅購入に関して不安を感じている人が相談にのれるサービスを運営している部署で、マネージャーをしていました。

その部署の雰囲気などはよかったし、売り上げの推移なども伸びていましたが、会社全体で売り上げが伸びなくなります。

また経営の方針が正直手広くやりすぎて、本業がおろそかになっていて、その利益の影響が従業員の給与にも表面化していました。

自身の関わる事業が伸びていなくて、かつ利益も出せていないのであればまだ納得はできたのです。

自身の関わる事業は売り上げとしては伸びておりましたが、全体が伸びていないという理由で、自分の部署も高く評価されないのは納得できません。

明確に問題があった部署がはっきりしているにもかかわらず、全体最適することの影響のしわ寄せが会社全体に及んだのです。

問題があった部署の成果が、頑張っている部署の成果によってその問題の大きさが薄まったような感じの評価になってしまいます。

そのため1度上司にそれは会社全体の判断として、ベターではないのではないか?と相談しました。

そえでもあくまで会社の方針として、給与体系を経営方針に疑問を感じ、退職という判断に至ります。

正直、ほぼフォローはしてもらえていないと感じています。

転職先に選んだ企業に関しては、転職エージェントから直接提案されたものではなく、こちらから言って提案してもらったものであり、書類の添削や内定後のフォローなどは皆無でした。

またヒアリングの質も正直レベルが低く、ほかの人にも同じように対応していて、一定レベルは担保できるようにパッケージ化された対応なんだろうなと感じながら、話をしていました。


大手だからか求人の数は多かったですが、質の面では正直こちらから話した内容から提案したものばかりです。

こういう考えだったら、こういう求人もありなのではないか?という、自身で気づいていない本質的なインサイトを把握したうえでの提案は全くと言っていいほどありません。

またリクルート自体が休日が多いせいか、対応の速度も遅く感じ、即対応してほしい内容なども結局対尾ぷに時間がかかるなどあったため、それなりにストレスは感じていました。

最終的にリクルートエージェント経由での転職は決めましたが、どちらかというと、紹介された会社に魅力があったという点だけで、リクルートエージェントを利用してよかったとは全く思っていません。





2021年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


転職活動をする中での心境の変化で、志望業界を変更して通過率が向上

        
性別女性
年齢27歳
転職年齢26歳(2021年)
転職前の会社株式会社テレコム
転職前の仕事通信系専門商社の営業職
転職先の会社株式会社写真化学
転職先の仕事印刷業の営業職
転職活動地域東京都
転職先の地域東京都
       
年収推移
転職前年収約400万円
転職後年収約400万円

女性


BtoBで業務用の無線機を販売やレンタルをしておりました。

業界内では市場の価格崩壊が起こり利益率が悪くなっていたので、転職を検討したのです。

にもかかわらず予算は上がり実現不可能な予算を付けられていました。その結果営業手当が少なくなり、給料もカットされるようになり始めました。

半年に一度上司が変わる事が続き、上司によって方針が違うのでそこに合わせて対応していく事に疲弊してしまいます。

上司からの女性差別発言が多く、直接女性営業はいらないと言いに来たり、女性営業が新しく増えると指導に気を使うから最悪と言われる価値観が蔓延していました。

いくら結果を出した所で変わることはありません。

営業として仕事を続けていく中でやり切ったと思える事が増え、モチベーションを保たなくなりました。

仕事の中でシステム関連に携わる事が稀にあり、そこの知識を深めていきたいと考える事が増えたのです。

ただ物を売るだけではなくシステムを考え提案する形の営業に興味を持つ様になり、今よりも一歩IT営業に近い形の仕事がしたいと考えるようになっていったのです。

リクルートエージェントでは、求人を100社ほど紹介してもらえました。

転職開始当初はマーケティング職で探していました。

書類通過がなかった事ともう少しITの職種に携わりたいという思いが強くなり、価値観が変わったことをエージェントに相談します。

親身になって聞いていただき、IT系営業の求人を多く送って下さる様になりました。


その結果書類通過率が上がりました。

応募書類のアドバイスと面接対策講座もやっていただきます。

特にキャリアの棚卸しはすごく丁寧に深堀りしていただき、新卒時代の価値観や学生時代まで考え直す事が出来ました。

自分のキャリアに対して肯定感を持てた事がなかったのですが、自信を持つ事ができるようになったのです。

面接に臨んだ後に不採用になる事も多かったのですが、なぜ採用されなかったのかの理由なども教えて貰え、自分の面接の精度を向上させる事ができました。

内定後は「おめでとうございます」という言葉とエージェントの方も褒めてもらえて嬉しい気持ちになりましたと言っていただけたのです。

内定後の企業とのやり取り方法も丁寧に教えてもらえて、順調に新しい会社に就職する事が出来ました。





求人の質が良く、応募書類の添削や面接対策のほか面接の日程調整などのサポートに大満足

        
性別男性
年齢41歳
転職年齢39歳(2020年)
転職前の会社シルクハウス
転職前の仕事不動産業の営業部長
転職先の会社阪原不動産
転職先の仕事不動産業の営業職
転職活動地域東京都
転職先の地域東京都
       
年収推移
転職前年収約420万円
転職後年収約440万円

男性


以前勤めていた不動産会社は営業ノルマがあり、ノルマを達成出来ないと給与から数%差し引かれたりとペナルティがありました。

その他にも残業手当が支払われなかったりと、いい加減な運営が多々あったので不満が徐々に溜まり最終的にやってられない気持ちになり転職する事を決めます。

当時は営業部長でしたが個人的には役職等には興味が無く、会社の社員達に対する扱い方が非常に雑だったので本当に日々会社に対して不満を覚えていたのです。

転職するにあたり役職等は気にせずに、単純に毎日快適に普通に仕事をしたい気持ちが強かったので転職しようと決めた時は転職先が見つかるか?等という不安は一切ありませんでした。

希望条件はとにかく快適に普通に働ける事だったので、自身の頭の中ではこの条件だけなら不動産業の経験も14年あるし大丈夫だろうと自信がありました。

ちなみに転職前の不動産会社では土地や建物の売買を行う営業活動をしていましたが、お客さんは以前から取引のある方と新規の方と半々くらいでした。

しかしノルマに達成しないと飛び込み営業もあったので本当に辛い仕事内容です。

「リクルートエージェント」の求人の質については非常に良かったです。

求人紹介数は計6件でしたがどの求人も雇用面や待遇面は条件が良いものばかりで、素直に質が良いなと思いました。

紹介数は6件でも全て条件が良い求人だったので、個人的にはじっくりと比較検討して選定する事が出来たので満足出来たのです。

担当者の対応については非常に満足出来ました。

担当になったキャリアアドバイザーは面接のアポ取りや日程調整を行ってくれたり、必要になる各書類の作成や準備等も手伝ってくれました。

終始手厚くサポートして頂けたのでスムーズに転職活動が行えて良かったです。

応募書類の添削や面接対策については担当者が全て行ってくれたので素直に満足出来ました。


特に満足出来たのは面接対策でした、本面接の前に模擬面接を実施してくれたので本面接では緊張する事無くリラックスして挑む事が出来たので本当に助かりました。

内定後のフォローに関しては個人的には特に何も感じません。

最終的に希望した求人先から内定を頂き転職する事が出来ましたので、特にフォロー等は無くそのまま転職先へ勤め出したので特に何もありませんでした。





2019年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


結果として転職は納得のいくものだったものの、担当者の対応には物足りなさも感じた

        
性別男性
年齢30歳
転職年齢27歳(2019年)
転職前の会社株式会社ラネット
転職前の仕事通信業界のキャリアショップ営業
転職先の会社株式会社ヤマシタ
転職先の仕事福祉用具レンタルリース販売の営業職
転職活動地域東京都
転職先の地域東京都
       
年収推移
転職前年収425万円
転職後年収370万円

男性


転職前は大手通信販売会社代理店に勤務していました。ショップにて店長をしており日常的な来店されたお客様対応、ショップ運営において必要な販売活動や人材育成などが業務でした。

前職の会社では利益意識が強く、お客様の利益とショップの利益がイコールにならないケースもあります。

通信業界は利益意識の強い業界のため、利益を出すためにはお客様の要望だけ聞いていては仕事の内容として評価されません。

来店されたお客様にプラスで商材を提案しなければならないため、それが必ずしもお客様の利益に繋がるのか難しいケースも散見されたのです。

また異動した先の元店長が会社内で非常に評判が良く社内で評価されていました。

それでもいざ異動した際にその店舗にいたスタッフの人材レベルの低さに唖然としてしまいます。

私としては人材育成に重点を置いていたためそこが評価されていない感じがしてしまい、会社に対して不信感を抱くような気持ちになってしまったのです。

さらに、もともと人のためになるような仕事をしたいという気持ちが強く、福祉業界にも興味があったこともあり、転職しようという決意に繋がりました。

リクルートエージェントで私の担当になった方は、子育てをされていた方だったのか早上がりをしていることも多かったです。

転職活動中は通常通り仕事をしていたこともあり電話が繋がりにくい印象のある方でした。

転職活動期間としてそれほどかからなかったこともあり、正直あまり役立ったほどのイメージはありません。

そのため求人数の多さを感じるほど紹介されたイメージもありません。

書類の添削なども大凡記載した後に簡単な添削修正で終わった感じであり、添削も非常に優れた印象もありませんでした。

面接対策も「心配要素などありますか?」と聞かれた記憶はあるような気がしますが、特にないと答えたこともあったせいかそのまま面接を行った形です。


内定後のフォローも給与面に少々不満があり打診したところ、交渉したが先方から未経験では難しいと言われたとの回答。

ところが後日確認したところ、エージェント担当者はそのような話はそんなにされたことがない様子の印象でした。

最終的には入社を決める際に、わざわざ東京を管轄されている方が簡単面談を行って頂いたこともありその対応に入社を決めた形です。

それでも内定承諾の回答期限間近になっても相手から連絡が来ず、自らメールにて報告を行ったところすぐに連絡が来ました。

結局は転職させることが仕事というイメージが強くなり、全体を通して不満を感じる結果だったというのが正直なところです。





2016年に「リクルートエージェント」を利用し転職活動


当初よりやりたかった子供の教育に携わる仕事への転職を手厚いサポートで成し遂げる

        
性別男性
年齢31歳
転職年齢24歳(2016年)
転職前の会社株式会社日本教育クリエイト
転職前の仕事サービス業の事務職
転職先の会社株式会社Kaien
転職先の仕事教育・福祉業の現場スタッフ
転職活動地域東京都
転職先の地域東京都
       
年収推移
転職前年収400万円
転職後年収350万円

男性


前職では主に医療事務や介護職員初任者研修といった資格講座の販売と運営を行っていました。

講座をつくり、その講座を宣伝して売るといった販売促進や講座が開講。

申込者の入学手付きや入金確認、講師のシフト調整といった講座運営に関わる全ての業務に携わっていました。

具体的には講座の中身を講師の先生方と一緒に考えたり、日程表を作成したりします。

また申込者の顧客データの入力や入金管理といった事務的な仕事もたくさん行っていました。

もともと前職に入社したのも転職先の企業で行っていたような発達障害の方(主に子ども)の支援をするための学校法人の業務を行いたかったのが理由です。

最初は資格講座の運営の仕事をして、入社してから社内制度を使って異動希望を出すつもりでいました。

しかしその異動先が社内制度の異動先対象外となっていたのです。

そのときはすぐに転職しようとは思いませんでした。

その後友人の勧めや子どもの教育に関わるイベントに出席したことで、自分のやりたいことをしっかりとやろうという思いが強くなります。

初めての転職活動ということで緊張や不安も大きかったですが、リクルートエージェントではとても丁寧に優しく対応してくださいました。

転職活動の流れや転職活動をスムーズに行っていくコツについて、冊子等も使いながら細かく教えてくれたのです。

リクルートエージェントの求人に関しては、正直目新しい求人を用意してくれたわけではありません。

こちらの希望に沿った求人を複数(4~5くらい)提案してくださいましたので、満足はしています。

応募書類については、こちらの年次や転職希望の業界に合わせたアドバイスをしてくださいました。

社会人3年目ということで、その場合は「学生時代の経験について見てくれるので、その頃に行っていたエピソードを盛り込むと良いですよ」と具体的なアドバイスも有益でした。


面接対策については私が希望しなかったので、行いませんでしたが、面接時に注意することの資料をいただけたのです。

内定をいただいた後に、前職を退職するための手順は注意事項についてもアドバイスしてくださり、とても良い対応でした。





あわせて読みたい

●【口コミと評判】転職エージェント「リクルートエージェント」で、ITエンジニアとして転職を果たした人々
●リアルな口コミで徹底調査!転職エージェント「リクルートエージェント」の評判とサービス
●【大阪府で転職活動】リアルな口コミで徹底調査!転職エージェント「リクルートエージェント」の評判とサービス
●「転職したい」人必見!リアルな口コミでオススメ転職エージェントを徹底比較
●「会社を辞めたい」人は必見!会社や仕事を辞める前にまず転職エージェントに登録するべき4つの理由
●「会社に行きたくない」と思ったら、まず考えてほしい重要なこと☆「仕事に行きたくない」社会人に贈る解決策
●「転職サイト」どれがいい?リアルな口コミでオススメ「転職サイト」を徹底比較
●転職エージェント「パソナキャリア」の口コミで徹底調査!「パソナキャリア」の評判
●転職エージェント「doda」の口コミで徹底調査!doda(デューダ)の評判とサービス
●転職エージェント「マイナビエージェント」の口コミで徹底調査!「マイナビAGENT」の評判
●会社を辞める前にまず休職しよう。会社を休職したい人必見
●社内政治必勝法!職場の人間関係で負けないために考えるべきこと
●専門性とは何か?専門的職も実は単純労働の集まり!AI時代も単純労働を侮るな
●ジョブ型雇用で変動するビジネスパーソンとしての市場価値
●文系と理系の区別意味なくない?文系と理系という不毛なアイデンティティー
●解雇の法規制と抜け道!簡単に会社を解雇される時代が到来するのか
●リアルな口コミで検証、ITエンジニアのやりがいと苦労
●介護のお仕事のやりがいと苦労。いつかはお世話になる介護職の実態を大暴露
●新人に優しくしなさいの弊害、新社会人に意識してほしいポイント
●「こんな上司は苦手」!私が出会った嫌いな上司と、嫌な上司の特徴
●【知らないと危険】事務職と事務系職種の微妙な違い!事務職の使い方間違ってない?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*