【介護福祉士になろう】第33回(令和2年度)介護福祉士国家試験 筆記試験問題解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生活支援技術

問題35

次の記述のうち、古い住宅で暮らす高齢者が、ヒートショックを防ぐために必要な環境整備の方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 居室の室温を低くする。
2 脱衣室の照明を明るくする。
3 トイレに床置き式の小型のパネルヒーターを置く。
4 入浴直前に浴槽の湯温を60℃にし、蒸気を立てる。
5 24時間換気システムを導入する。


正解は、3の「トイレに床置き式の小型のパネルヒーターを置く」です。

高齢者が住む古い住宅では、冬場の寒さ対策が必要ですが、室温を高くしすぎると、急激な温度変化が起こり、ヒートショックを引き起こすことがあります。そのため、室温を低くすることは適切ではありません。

2の「脱衣室の照明を明るくする」は、高齢者が転倒することを防ぐための対策として有効ですが、ヒートショックを防ぐための直接的な効果はありません。

4の「入浴直前に浴槽の湯温を60℃にし、蒸気を立てる」は、温泉効果があるとされる方法ですが、高齢者にとって湯船に入ること自体が危険であることがあります。また、入浴直前に湯温を上げることは、温度変化が激しく、ヒートショックを引き起こす原因となります。

5の「24時間換気システムを導入する」は、健康的な住環境を維持するためには有効な方法ですが、ヒートショックを防ぐための直接的な効果はありません。

以上のことから、3の「トイレに床置き式の小型のパネルヒーターを置く」が、高齢者がヒートショックを防ぐために必要な環境整備の方法として最も適切です。トイレは居室や風呂場と比べると室温が低いため、トイレで過ごす時間が長い高齢者にとっては、トイレで過ごす時間を快適に過ごすことができるよう、床置き式の小型のパネルヒーターを置くことが効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*