【介護福祉士になろう】第33回(令和2年度)介護福祉士国家試験 筆記試験問題解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

問題106

高齢者の睡眠の特徴に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
1 熟睡感が増加する。
2 深睡眠が増加する。
3 夜間の睡眠時間が増加する。
4 睡眠周期が不規則になる。
5 入眠までの時間が短縮する。


高齢者の睡眠の特徴に関する選択肢の中で、最も適切なのは4です。

高齢者の睡眠は、若年者と比べて睡眠周期が不規則になります。具体的には、夜間に目が覚めることが多くなったり、昼間に眠くなることがあったりします。また、睡眠の質が低下し、浅い睡眠が増えたり、覚醒が多くなったりすることが多いです。一方で、深い睡眠は減少する傾向にあります。さらに、入眠までの時間が長くなることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*